リゾートバイト体験談

【農家の短期住み込みバイト体験談】農業の仕事は大変できつい?

農家の短期住み込みバイト体験談

この記事では、農家の住み込みバイト体験談を紹介します。

この記事を書いている人
イルカマンのリゾートバイト実績イルカマンのリゾートバイト実績

私は過去に、長野県の農家で繁忙期の短期住み込みバイトをした経験があります。

イルカマン
イルカマン
当時の経験をもとに、農家の短期住み込みバイト生活を振り返っていきますね。
この記事の内容
農業男子
農業男子
農業バイトに興味があるんだけど、実際どうなの?経験者のリアルな体験談が知りたい。

このような疑問を抱えている人は、ぜひ、参考にしてみてください。

本記事は、あくまで私が経験した農家の短期バイトになります。

農家によって『給料形態』『仕事内容』『生活環境』は変わりますので、あくまで参考までにしてください。

【農家での短期住み込みバイト体験談】農業の仕事は大変できついです!

農家の景色農家の景色

長野県の農家での仕事詳細は以下になります。

勤務先 長野県の農家
勤務期間 6月25日〜7月30日
職種 農作業(収穫:箱詰:出荷)
勤務時間 4時〜12時、13時30分〜17時30分or18時
日給 6500円
月給 約22万円
個室
寮費 無料
食費 3食無料
アルバイトスタッフ数 3人
イルカマン
イルカマン
私は6月25日〜7月30日まで働きました。

期間延長の誘いも受けましたが、『かなりのハードワークだったこと』『休みが1日もない』という理由から、延長の誘いは断りましたね。

1日のスケジュール

農家の住み込みバイトしていた時の1日のスケジュールは以下になります。

3時30分〜4時 起床して準備
4時〜7時 畑へ移動。収穫作業開始。
7時〜7時30分 朝食
7時30分〜10時 収穫作業開始
10時〜11時 収穫終了。ズッキーニを入れたカゴをトラックの荷台に積み上げて、農家さんの家に移動。
11時〜12時 収穫したズッキーニを入れたカゴをトラックの荷台から下ろす。箱詰め作業開始。
12時〜13時30分 昼食休憩&昼寝休憩
13時30分〜16時 箱詰め作業
16時〜17時 箱詰めしたダンボールをトラックの荷台に積み上げて農協へ移動。農協で出荷作業。
17時〜18時 農家の家に帰宅し、箱詰め作業部屋を軽く清掃。作業終了。
18時〜19時 夕食
19時〜21時 風呂&就寝

ざっとこんな感じです。

収穫の量などによって作業時間は変動しますが、早く終わった日は草むしりなどの仕事がありましたので、17時30分よりも早く仕事が終わる日はほとんどなかったですね。

イルカマン
イルカマン
最大で20時頃まで働いた日もありました。。。

なので、基本、毎日『12時間以上労働』でしたね。

また、休みの日もなかったので、毎日このスケジュールです。

イルカマン
イルカマン
21歳だったからできた仕事だと感じますね。体力的に。

仕事内容

農業と自然農業と自然

私が働いた農家の仕事内容は、以下の3つです。

・収穫

・箱詰め

・出荷

私が働いた農家さんは主に『ズッキーニ』『レタス』を栽培していました。

なので、毎日、『ズッキーニ』『レタス』『収穫』『箱詰め』『出荷』作業を行う流れですね。

あとは、空いた時間に『草むしり』『箱詰めスペースの清掃』などもありました。

収穫

収穫はその名の通り、農作物を取り入れる作業です。

私の場合は、ズッキーニとレタスの収穫作業ですね。

大きな畑の中、ひたすら、出荷しても良い大きさのズッキーニとレタスを収穫していきます。

収穫方法

ズッキーニ → 切り落としてカゴに入れる

レタス → 切ってダンボールに箱詰め

収穫はだいたい、早朝から開始され、4時〜11時くらいまで取り続けます。

イルカマン
イルカマン
箱詰めの時間もあるので、遅くてもお昼までに取り切る流れでした。

収穫が終わったら、ズッキーニを入れたカゴを軽トラに乗せて、農家さんの家に持って帰ります。

収穫方法自体はとてもシンプルですが、

・ズッキーニを取るときに中腰になる

・カゴを軽トラに乗せる際に腰を使う

という理由から、腰痛持ちはかなりキツイです。

イルカマン
イルカマン
私自身、腰痛持ちなので、かなり大変な仕事でした。

箱詰め

『箱詰め』に関しては、収穫作業でカゴいっぱいに取ってきた『ズッキーニ』をサイズ別にダンボールへ梱包して行く作業です。

箱詰め作業に関しては、農家さんの家でひたすらダンボールにズッキーニを入れて行く地道な仕事になりますね。

ずっと座りながら作業をするので体力的には楽です。

イルカマン
イルカマン
ラジオを聴きながら黙々と作業していました。

ただ、農協は17時に営業が終了しますので、時間に追われることも多かったです。

出荷

箱詰め作業が終わったら、ズッキーニを箱詰めしたダンボールを軽トラの荷台に乗せて農協へ行きます。

農協で、ズッキーニを箱詰めしたダンボールを渡して、作業終了。

軽トラに乗せたダンボールを農協に降ろすだけなので、だいたい30分〜1時間で終わります。

稼げた金額

稼げた金額は約22万円です。

6月25日〜7月30日まで滞在しましたが、

6月25日 → 移動日(着任日)

7月30日 → 移動日(帰宅)

だったので、働いた日は6月26日〜7月29日まででした。

なので、勤務日数は34日間です。

日給が6,500円なので、合計.221,000円ですね。(6,500円 × 34日間 = 221,000円)

生活環境

美しい玉ねぎ農業の景色美しい玉ねぎ農業の景色

生活環境は良くなかったです。

徒歩圏内には何もなかったですし、外は街灯がほとんどなかったので、夜になると真っ暗になってしまいます。

なので、夜は出歩けませんでした。

イルカマン
イルカマン
基本、畑と部屋の行き来しかできませんでしたね。

寮は個室と聞いていたのですが、実際は、大部屋にカーテンを仕切られているだけの部屋でした。

隣の部屋の物音は丸聞こえでしたので、実質、個室ではなく相部屋だったように思います。

農家さんの家の前のプレハブ小屋のような建物で、部屋の大きさは4畳半程度。

テレビとベッドがあり、冷蔵庫は共有して利用可能です。

また、お風呂はなく、簡易性のシャワーが利用可能で、洗濯機は農家さんが『軍手』『作業着』など汚れた衣服を洗う専用のものを使わせてもらっていました。

イルカマン
イルカマン
正直、寮の環境は良いとは言えませんでした。簡易性のシャワーも時々お湯が出なくなるし、大変でしたね。

食事

食事は3食無料でした。

朝食 → おにぎり、漬物

昼食 → カレー、パスタ、牛丼など

夕食 → そば、カレー、牛丼など

朝食は、お兄さんの奥様が作ってくれる『おにぎり』『漬物』です。

農作業で作れた体にはぴったりの食事でしたね。

イルカマン
イルカマン
広大な畑を見ながら食べる朝食(おにぎり・漬物)は最高でした!

ただ、昼食と夕食に関しては、レトルト冷凍の食事が多く、正直、満足はできませんでした。

・そーめん

・焼き鳥3本と白飯

夕食が上記だった日もあり、正直、食事面は少し不満でしたね。

イルカマン
イルカマン
12時間働いた夕食がそーめんだけって、かなりつらい。。

人間関係

畑で話し合う農家の若い夫婦畑で話し合う農家の若い夫婦

農家の住み込みバイトでの人間関係は良好でした。

農家で働いて出会ったアルバイトスタッフは以下になります。

・フリーター(20代前半の男性)

・フリーター(20代後半の男性)

一人は大学卒業後、ニート生活を経て農家へ来た男性で、一人は実家が農園を運営している20代後半の男性でした。

二人とも良い人だったので、仲良くなることができましたね。。

イルカマン
イルカマン
私は1ヶ月で辞めましたが、残りの二人は3ヶ月間働いています。。

また、農家さんの家の人は以下のような感じです。

・お父さん

・お母さん

・お兄さん

・時々帰って来て手伝う妹さん

・お兄さんのお嫁さん

・お兄さんの子供

基本的には『お父さん』『お母さん』『お兄さん』の3人が農作業をする感じでして、お兄さんに関しては公務員をやりながら農作業をしていました。

朝食はお兄さんの奥様が作ってくれていましたね。。

また、時々、お兄さんの友人も手伝いに来ていました。

イルカマン
イルカマン
みんな良い人でしたので、人間関係のトラブルはなかったです。

応募から採用までの流れ

大自然の畑の中、サラリーマンがドアをノックする大自然の畑の中、サラリーマンがドアをノックする

私は6月にタウンワークでアルバイト求人を探していた際、農家の求人を見つけて応募しました。

もともと農作業に興味を持っていたので、電話で応募し、その後、履歴書を送付!

すると、すぐに合格が出て、移動日持ち物の確認をしました。

イルカマン
イルカマン
応募から合格まで1週間ほどで決まりました。

持ち物は以下になりますね。

・汚れても良い服、動きやすい服

・運動靴

・サンダル

基本的には、動きやすい服装があればOKでして、軍手等は農家さんが用意してくれました。

イルカマン
イルカマン
ちなみに、サンダルは農家さんの家で箱詰めする際の移動で使用しました。運動靴だと履くのに時間がかかるため、サンダルの方が楽だという理由です。

初日の流れ

初日は、事前に準備していた荷物を持って予定通り、出発します!

最寄駅に到着したら、農家さんが車で迎えに来てくれ、初日は農家のお母さんから仕事の説明や寮の説明を受けて終了。

そして、次の日から仕事開始です。

最終日の流れ

最終日は、仕事が終わった後、農家のお母さんが今までの給料を渡してくれます。

私が働いた農家の場合は、現金手渡しでしたね。

給料を受け取ったら、最寄駅まで車で連れて行ってくれ解散です。

農家の短期住み込みバイトへ行って良かったこと

畑の中を馬で走る男畑の中を馬で走る男

農家の短期住み込みバイトへ行って良かったことは以下です。

良かったこと

・農作業が体験できた

・農作業のノウハウが知れる

・仕事内容がシンプルで簡単

・健康的な体になる

・生活費が無料

農作業が体験できた

農家の短期住み込みバイトへ行って良かったことは『農作業が体験できた』ことですね。

私は『人生で一度は農家で働いてみたい』と考えていたので、一つ夢が叶ったのは良かったことの一つです。

イルカマン
イルカマン
体験してみて、想像と現実の違いもわかりましたし、本当に良い経験ができたと感じています。

農作業のノウハウが知れる

農家の住み込みバイトをすると、

農家で稼ぐ方法

・農作物の育て方

を勉強することができます。

特に、家族で運営しているような農家であれば、気軽になんでも聞くことができますね。

実際、私が働いていた農家では、一緒に働いていた短期バイトの男性が農家のお兄さんに『農作業のノウハウ』をいろいろと聞いて勉強していました。

イルカマン
イルカマン
農家のお兄さんも、自分の畑を手伝ってくれるバイトに対しては、優しくなんでも教えてくれていましたね。

この経験から、農家の住み込みバイトは『農作業のノウハウが知れる良いバイトだな』と感じました。

私は農作業に興味はあったものの、農家になりたいとは思っていなかったので、そこまで突っ込んだ質問はしていませんでしたが、『農家になりたい』と考えている人は、『農家の短期住み込みバイトでお金を稼ぎつつ、野菜作りのノウハウが聞ける』ので、とても良い環境だと感じますね。

イルカマン
イルカマン
家族経営の農家さんだと仲良くなれるので、いろいろ聞ける可能性が高いです。

仕事内容がシンプルで簡単

私が働いた農家の仕事内容はシンプルで簡単です。

毎日、『収穫』『箱詰め』『出荷』のみなので、特に難しい業務はありません。

『仕事を覚えるのに時間がからなかった』という点は良かったことの一つですね。

イルカマン
イルカマン
農家の仕事は体で覚えるのみ!体力勝負です!

健康的な体になる

農家で働くと健康的な体になります!

というのも、農家で働くと、

・早寝早起き

・農作業で適度な運動

・3食バランスよく摂取

という生活が送れるんですね。

『早寝早起きで、日中はハードに体を動かし、3食バランスよく食事が取れる』ので、嫌でも健康体になります。

イルカマン
イルカマン
私は3時半に起きて、21時前には寝てました。

生活費が無料

私が働いた農家は、

・部屋代無料

・食費無料

・交通費全額支給

生活費が一切かかりませんでした。

『生活費が1円もかからない』という点も良かったことの一つですね。

イルカマン
イルカマン
稼いだお金は全て貯金可能です!

農家の短期住み込みバイトへ行って大変だったこと

畑の中を馬で歩く男と犬畑の中を馬で歩く男と犬

農家の短期住み込みバイトへ行って大変だったことは以下です。

大変だったこと

・労働時間が長い

・労働時間の割に給料は低い

・生活環境が悪い

・一緒に居すぎて人間関係が悪化

・腰痛持ちはきつい

労働時間が長い

私が働いた農家の1日のスケジュールは以下です。

3時30分〜4時 起床して準備
4時〜7時 畑へ移動。収穫作業開始。
7時〜7時30分 朝食
7時30分〜10時 収穫作業開始
10時〜11時 収穫終了。ズッキーニを入れたカゴをトラックの荷台に積み上げて、農家さんの家に移動。
11時〜12時 収穫したズッキーニを入れたカゴをトラックの荷台から下ろす。箱詰め作業開始。
12時〜13時30分 昼食休憩&昼寝休憩
13時30分〜16時 箱詰め作業
16時〜17時 箱詰めしたダンボールをトラックの荷台に積み上げて農協へ移動。農協で出荷作業。
17時〜18時 農家の家に帰宅し、箱詰め作業部屋を軽く清掃。作業終了。
18時〜19時 夕食
19時〜21時 風呂&就寝

毎日、上記のようなスケジュールで生活していたため、かなりハードでした。

・毎日、労働時間が12時間以上

・休みが1日もない

あまりに大変だったため、眠くて21時以降は起きてられませんでしたね。

イルカマン
イルカマン
特に『休みがない』と息抜きができないので、大変です。

また、出荷が早く終わった日は、

・草むしり

・箱詰め作業のスペースの清掃

・箱詰め作業で使うダンボールの用意

上記の仕事があり、17時30分より前に終わる日はほとんどありませんでした。

17時30分より前に終わる日はないのですが、一方で、夜な夜な収穫草むしりの作業を頼まれたことがあり、終わりが19時〜20時だったこともあります。

イルカマン
イルカマン
私は約1ヶ月間働きましたが、3回〜4回ほど19時〜20時まで作業しました。

この『労働時間が長い』というのは大変だったことの一つですね。

労働時間の割に給料が低い

私が働いた農家は『労働時間が長い割に給料が低い』です。

というのも、私が働いた農家は日給制なんですね。

日給6,500円なので、どんなに働いても、1日6,500円しかもらえません。

実際、私は1日平均で12時間働いていましたが、日給6,500円です。

イルカマン
イルカマン
時給計算すると541円ですね。驚愕の低さです。

もし仮に、時給1,000円の職場で12時間働いていたら、13,000円ですよ。

計算式

時給1,000円 × 8時間 = 8,000円

時給1,250円(残業時間25%UP) × 4時間 = 5,000円

合計.13,000円

私は6月26日〜7月29日までの34日間働きましたので、合計.221,000円稼ぎましたが、もし仮に、時給1,000円34日間働いていたら、、合計.442,000円稼いでいたことに。。

計算式

日給13,000円 × 34日間(勤務日数) = 442,000円

イルカマン
イルカマン
今更こんなことを考えても意味がないですが、やはり、日給6,500円で12時間働いたのはコスパが悪い。。

もちろん、普通の職場であれば、休みなく働くなんてありえないので、上記は意味のない計算ですが、それでも、『休みなく働いた割には給料が低い』と感じますね。

『農業に興味がある』『将来農業の仕事がしたい』という人にとっては良いかもしれませんが、『お金が稼ぎたい』と考えている人にとっては向かない職場だと感じます。

生活環境が悪い

山々と田舎町の絶景を眺める男山々と田舎町の絶景を眺める男

私が働いた農家は『生活環境も悪かった』と感じています。

徒歩圏内には何もないので、『畑と部屋の行き来』しかできませんでした。

そんな中、さらにストレスだったのが以下です。

・食事が少ない

・風呂は簡易性のシャワーのみ(時々お湯が出ない)

・洗濯機は農家さんが『軍手』『作業着』など汚れた衣服を洗う専用のもの

・個室寮と言いつつ、カーテンで仕切られているだけ

一つずつ紹介します!

食事が少ない

一番辛かったのは食事ですね。

体力を使う仕事ですし、当時、私は21歳と若かったので、夕食が『そーめん』だけの日があった時は絶望しました。笑

朝食と昼食は普通に食べれましたが、夕食は時々、『そーめん』だけ『焼き鳥3本と白飯』だけという日があり、だいぶ辛かったです。。

イルカマン
イルカマン
嘘だろ。12時間も働いたのに、夕食、そーめんだけかよ。。
農業男子
農業男子
こんなんじゃお腹いっぱいにならないよね。とうとう、お母さん手抜きしてきたか・・・
農業男子
農業男子
おかず調達したいけど、外真っ暗だよ。外出は不可能だから諦めるしかないよ。せめて徒歩圏内にコンビニがあれば・・・

このような感じで、夕食はハズレの日がありました。

食事は農家のおかあさんが作ってくれるのですが、明らかに手抜きな日がありましたね。

ちなみに、朝食と昼食は以下のような感じです。

朝食 ➡︎ おにぎり2つ〜3つ+漬物

昼食 ➡︎ パスタ、牛丼、カレーなど

イルカマン
イルカマン
昼食はだいたい、冷凍やレトルトでした。

正直、この量は少ないので、『おかずだけ買いに行こう』と思っても、近くの商店はすぐに閉まってしまいます。

移動手段もなく、なおかつ、あたりは街灯も少ないので、夜の移動は困難。

というわけで、食事面はかなりキツかったです。

開始10日で、『この生活は1ヶ月で満足だな』と感じました。

イルカマン
イルカマン
こんな生活環境の中、休みは1日もないですからね。大変です。

風呂は簡易性のシャワーのみ(時々お湯が出ない)

お風呂は簡易性のシャワーのみでした。

つらいのは、時々、お湯が出ない時があることですね。

イルカマン
イルカマン
髪の毛洗っている時に、いきなり水になるのは最悪すぎる。

この簡易性のシャワーを三人で回して使うわけですが、朝は顔を洗うのに取り合いになったり、夜もシャワーはじゃんけんで順番を決めます。

正直、1日中、農作業して泥だらけになっているわけですから、お風呂に浸かりたかったですね。

イルカマン
イルカマン
簡易性のシャワーでは疲れが取れない。

洗濯機は農家さんが『軍手』『作業着』など汚れた衣服を洗う専用のもの

洗濯機は農家さんが『軍手』『作業着』など汚れた衣服を洗う専用のものを使っていました。

無料で利用させてもらっているので、文句は言えないのですが、個人的に少し不満に感じた点ですね。

『農家さんが汚れた作業着だけ洗う洗濯機で、住み込みバイトは下着を洗う』わけですから。。個人的に少し抵抗がありました。

イルカマン
イルカマン
汚い洗濯機しか利用できないことに農家の家族と少し距離を感じましたね。

個室寮と言いつつ、カーテンで仕切られているだけ

求人には『個室寮』と記載されていたのですが、実際に行ってみると、大部屋をカーテンで区切っているだけでした。

なので、実際は個室と言えるようなものではなかったですね。

建物自体も、プレハブのような寮で広いわけでもなく、広さは一人、4畳程度。

カーテンで区切っているだけなので、物音は聞こえますし、気を使ってまともにテレビも見れない状況。

もともと個室だと思っていたからこそ、部屋は残念でしたね。

イルカマン
イルカマン
1ヶ月間だったから生活できましたが、2ヶ月以上は厳しいですね。

一緒に居すぎて人間関係が悪化

毎日12時間以上働く中で、

・食事が少ない

・風呂は簡易性のシャワーのみ(時々お湯が出ない)

・洗濯機は農家さんが『軍手』『作業着』など汚れた衣服を洗う専用のもの

・個室寮と言いつつ、カーテンで仕切られているだけ

という状況。。

なおかつ、住み込みバイトは常に行動を共にします。

すると、不思議なことに、最初は仲が良かったのに、徐々に関係が悪化。

イルカマン
イルカマン
毎日過酷労働で大変なのに、プライベートな時間がないのはきついです。

2ヶ月目以降から、徐々に仲が悪くなり、気づいたら口をきかなくなってしまいます。

実際、私は1ヶ月で期間満了し、終了しましたが、2ヶ月目以降も残った二人は、不仲になっていました。

イルカマン
イルカマン
私がいた時は三人とも仲よかったんですけどね。

二人は3ヶ月間、農家の短期バイトを続けていたのですが、毎日12時間以上、休みなく働いたので、かなりストレスが溜まっているようでした。

寮の中は、カーテンで隔てられているだけなので、実質プライベートな時間はありません。

プライベートな時間が全くなく、なおかつ、休みなく3ヶ月間ずっと一緒に働いていたわけですから、関係が悪化するのも無理ないですよね。。

イルカマン
イルカマン
あんなに仲が良かったのに・・・

以上のことから、農家で働く場合、生活環境は超重要だと感じました。

おそらく、農家の仕事でも、しっかり休みがあって、息抜きの時間も確保できれば、問題なく働けたと思います。

しかし、どんなに仲が良くても、このような過酷な環境だとストレスが溜まって関係が悪化しますよね。

イルカマン
イルカマン
私が終了した後、『些細なことで喧嘩した』と連絡があって驚きました。

腰痛持ちはきつい

農作業は『腰痛持ち』だときついです。

というのも、農作業は中腰になって野菜を収穫したり、7kg〜8kgほどのカゴやダンボールを上げ下ろししたり、とにかく腰にきます。

農作業は体力勝負なのですが、体力があっても腰痛持ちだと、かなりきつい作業になりますね。

イルカマン
イルカマン
腰痛持ちにはオススメできない仕事です。

農家の短期住み込みバイトは地方移住して農業を始めたい人におすすめな話

太陽を見つめる男太陽を見つめる男

農家の短期住み込みバイトは地方移住して農業を始めたい人におすすめです。

理由は以下ですね。

・農業の理想と現実の違いを肌で感じられる

・農業の勉強ができる

・現地で関係性が築ける

農業の理想と現実の違いを肌で感じられる

農業を始める前って、『農業やりながらゆっくり生活したいな』と考えている人が意外と多いです。

農業男子
農業男子
都内の生活は疲れた。地方へ行って農業やりながらゆっくり生活したいな。

実際、私もそう考えていましたし、この記事を読んでいるあなたも、このような考えを持っていませんか?

 

ただ、農家の住み込みバイトで農業を経験すると、理想と現実の違いに驚きます。

実際、私は農家で働く前、『農業やりつつ大自然に触れて息抜きしよう』と考えていました。

しかし、現実はというと、確かに息抜きはできるのですが、1ヶ月経過した時には、あまりの大変さに悲鳴をあげていましたね。

理想

自分のペースで野菜を育てながらスローライフ

現実

毎日、時間に追われながら『収穫』『箱詰め』『出荷』の無限ループ。休みなく毎日12時間労働。

実際に経験してみて初めて、農業がいかに大変できつい仕事かが把握できます。

なので、もしも、農業未経験にも関わらず、『地方移住して農業を始めたい』と考えている人がいれば、まず、農家の短期住み込みバイトからお試しで始めてみてください!

イルカマン
イルカマン
実際に、短期で働いてみて、理想と現実のギャップを知っておきましょう!地方移住はそれからでも遅くないです。

農業の勉強ができる

農家の住み込みバイトは農業の勉強ができます!

というのも、農家で働き、農家さんの家族と仲良くなれば、農作業のノウハウを直接教えてもらうことが可能なんですね。

場合によっては、どれくらいの規模ならいくらくらいかかるかなど、農業の始め方について具体的な話も聞けるかもしれません。

『将来、農家になりたい』と考えている人は、勉強しながらお金を稼ぐことができるので、最高の環境だと言えますね。

イルカマン
イルカマン
特に農業の知識が浅い人は、住み込みバイトしながら勉強した方が良いです!

現地で関係性が築ける

もし、この記事を読んでいるあなたが、『将来、地方移住して農業を始めたい』と考えているなら、間違いなく、農家の住み込みバイトはおすすめです。

理由は『現地の家族と関係性ができれば、地方移住がスムーズだから』ですね!

住み込みバイト先の農家の家族と仲良くなる

⬇︎

移住した時に知り合いがいると話が早い

⬇︎

仲良くなった農家の家族がいろんな人を紹介してくれる

農家の住み込みバイトをすると、農家の家族と仲良くなることができます。

農家の家族と仲良くなれれば、現地のコミュニティにスムーズに入れる可能性が高まるんですね。

イルカマン
イルカマン
現地の人と仲良くなれれば、地方移住はスムーズですね。

また、地方移住して農業を始めるなら、以下の流れが最も自然だと感じます。

興味のある移住先で住み込みバイトする

⬇︎

住み込みバイト先の家族と仲良くなり、『移住したい』ということを伝える

住み込みバイトしつつ、農家の家族と仲良くなって『移住して農業を始めたい』ということを伝えれば、場合によっては協力してくれる可能性がありますよね。

いきなり全く知らない場所へ移住し、農業を始めるより、このように『お試しで働きに行って、やっていけそうだったら、移住の相談をする』という流れが最もリスクがなく、かつスムーズだと思います。

実際、地方移住では「移住先で孤立した」「思っていた場所とは違った」という理由で失敗する人も多いので、事前に下調べの意味も込めて、住み込みバイトしてみるのは、かなり合理的。

イルカマン
イルカマン
現地の人とのコミュニケーションが上手くいかなくて地方移住に失敗する人は多いです。

もし、この記事を読んでいるあなたが、『将来、地方移住して農業を始めたい』と考えているなら、上記のやり方も一つの方法として検討してみてください!

いきなり移住して、現地の人と仲良くなれなかったら地獄なので、まずはお試しで始めてみるのが良いかと思いますね。

イルカマン
イルカマン
お試しで始めて、現地の特性や人間関係を把握しておくと移住がスムーズです。

農家の短期住み込みバイトへ行く方法

農業で生きる男農業で生きる男

農家の短期住み込みバイトへ行く方法は以下の2つです。

・リゾートバイトの派遣会社を利用する

・農業に特化した求人サイトを利用する

リゾートバイトの派遣会社を利用する

リゾートバイトの派遣会社を利用して農家で働く方法は以下です。

リゾートバイトの派遣会社に登録する

⬇︎

派遣会社に希望条件を伝えて求人を紹介してもらう

⬇︎

紹介してもらった求人の中から最も希望条件に合うものに応募する

まずは、派遣会社に登録し、『農業』の求人を紹介してもらいます。

希望条件に合う農家の求人が見つかれば応募!

登録もWEBで完結しますし、面接も電話でできますので、採用までのスピードが早いですね。

イルカマン
イルカマン
最短3日間で採用が決まります。

ちなみに、農業の求人を紹介している派遣会社は以下です。

>> グッドマンサービス
※業界No.1の高時給。リピーター時給アップ制度あり

>> ヒューマニック
※業界No.1の求人数。1ヶ月以内の短期求人も豊富

>> リゾートバイトダイブ
※スタッフフォローが手厚い

>> トラバイ
※農業・牧場の求人が豊富

イルカマン
イルカマン
上記4社を利用すれば、農業のリゾートバイト求人に応募できます!

農業に特化した求人サイトを利用する

農業に特化した求人サイトは以下です。

イルカマン
イルカマン
上記の求人サイトなら、アルバイトから正社員まで幅広い雇用形態の求人がチェック可能!

もしも、上記の求人サイトを利用して農業の住み込みバイトへ行くなら、最低限、以下の条件は必ずチェックして応募しましょう!

・勤務期間
・休日の日数
・勤務時間(残業の有無)
・寮の環境
・食事環境
・交通費の有無

私の場合、上記をしっかり確認しなかったために、『1日12時間勤務で休みなし』という状況で働いていました。

特に、住み込みバイトで働く場合は、生活環境が超重要になるため、疑問点は全て解消してから応募しましょう!

イルカマン
イルカマン
行ってから『話が違う』ってことになると大変なので、しつこいぐらい事前確認しておいた方が良いです!

また、個人的には、短期間から始めるのがおすすめです。

特に、農業未経験者は、絶対に短期で始めた方が良いですね。

『まずは短期間で挑戦して、楽しいと感じられれば、長期間働く』という流れが一番リスクなくスムーズに働けるかと思います。

いざ始めたら、理想と現実の違いにストレスを感じて辞めたくなる可能性も十分ありますので、まずは短期から働くのがおすすめですね。

イルカマン
イルカマン
ちなみに、私の代わりに入った農家の住み込バイトスタッフは1週間で夜逃げしてしまったそうです。

まとめ:農家の短期住み込みバイトは体力的にきつい仕事です。

農家の短期間の住み込みバイトは『体力的にきつい仕事』です。

しかし『農作業が好きな方』『将来農作業を始めたい』と思ってる方はとても良い環境での仕事になるかと思いますね。

農家さんと直接コミュニケーションが取れ、農作業のノウハウが直接得られることから、将来農作業を始めたい方にはオススメな働き方です。

イルカマン
イルカマン
また、短期間であれば、気分転換したい方にもオススメですね。

農作業をした後に、大自然を見ながら食べる朝食はとても美味しかったですから、非日常を味わって見たい方なんかも良いかもです。

ただ、農家で働く際は、必ず以下の点を細かく確認しておいた方が良いですね!!

・休日の日数

・労働時間

・残業の有無

・寮の環境

・生活環境

農家さんによって、労働環境が全く変わってくるかと思いますので、最低限、上記の点は確認して求人応募するのが無難です!

イルカマン
イルカマン
農家によって労働環境はピンキリなので、慎重に求人を選びましょう! 
\ 特集記事 /