リゾートバイト体験談

【ニセコでの住み込みリゾートバイト体験談】口コミや評判も紹介

ニセコでのリゾートバイト体験談
イルカマン
イルカマン
こんにちは。リゾートバイト歴10年のイルカマンです

この記事に訪れてくれたあなたはきっと『ニセコでのリゾートバイトに興味があるんだけど、どんな生活が送れるんだろう?経験者の体験談が知りたいな。』と考えているのではないでしょうか?

リゾバ男子
リゾバ男子
ニセコでのリゾートバイトってどんな生活が送れるんだろ?ニセコでリゾバしたことのある人の体験談が知りたいな。

そこで、この記事では、私が過去にニセコでリゾートバイトした時の体験談を紹介します。

この記事を読むことで、ニセコでのリゾートバイト生活がざっくりイメージできるかと思いますので、ニセコでリゾバしようと考えている方はぜひ、参考にしてみてください!

イルカマン
イルカマン
ちなみに言うと、私が働いていた場所はニセコの中でもヒラフエリアになります。

ニセコでのリゾートバイト体験談を紹介

私は過去に『1月〜2月末』までニセコへリゾートバイトしたのですが、結論から言うと、『毎日スノーボードができて楽しかった』というのが率直な感想です。

スキー場のクオリティは日本一ですし、ナイターコースも充実していたため、スノーボードをやる上では非常に良い環境でしたね。。

イルカマン
イルカマン
リフト券は支給されていましたので、無料で滑り放題です。

さらに言うと、私はニセコエリアの中でもヒラフエリアにいたのですが、ヒラフエリアは『コンビニ』もありますし、『飲食店』が非常に多く、生活環境は充実していました。

 

ただ、もちろん、良かったことばかりではなく、大変だった点もあります。

ここからは、ニセコのリゾートバイトで感じた良かった点と悪かった点について紹介します。

良かった点

・出会いが豊富である

・スキー場のクオリティは日本最大級(雪質も最高)

・外国人が多く、外国に来ているような感覚になる

悪かった点

・寮が相部屋だった

・時給が低かった

ニセコリゾートバイトでの良かった点を紹介

良かった点

・出会いが豊富である

・スキー場のクオリティは日本最大級(雪質も最高)

・外国人が多く、外国に来ているような感覚になる

出会いが豊富である

私はニセコグランヒラフエリアでリゾートバイトしていましたが、リゾートアルバイターは非常に多く在籍していました。

数はわかりませんが、グランヒラフエリアだけでも『100人以上』はいると思います。

なので、ニセコでのリゾートバイトは出会いが豊富なんですね。

 

スノーボード仲間もたくさんできますし、外国人スタッフも多いことから、外国人の友達もたくさんできます。

さらに、飲食店も多いですので、職場以外の人と仲良くなることも可能ですね。

イルカマン
イルカマン
私の友人は長期休みを利用して遊びに来ていたオーストラリア人と仲良くなっていました。英語が話せる人、英語を学びたい人からすると、とても良い環境だと思います。

また、飲食店が多いことから、その店ごとにリゾートアルバイターがいますので、ニセコ全体で言えば、リゾートアルバイターは凄い数います。

日本人リゾートアルバイトスタッフ同士も仲良くなれますし、外国人スタッフとも仲良くなれますので、とにかく出会いが豊富な環境ですね。

スキー場のクオリティは日本最大級(雪質も最高)

ニセコスキー場は日本最大級のゲレンデといっても過言ではありません。。

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ

というのも、ニセコは、『ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ』『ニセコHANAZONOリゾート』『ニセコアンヌプリ国際スキー場』『ニセコビレッジスキーリゾート』の4つのゲレンデが繋がっているんです。

これだけ広大なゲレンデは日本でもトップレベルだと言えますね。。

 

4つのゲレンデの特徴としては以下のような感じです。

ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ 地形が面白い。パークも充実。ナイターコースが広い
ニセコHANAZONOリゾート ハーフパイプがあり、パークも充実。
ニセコアンヌプリ国際スキー場 ファミリーゲレンデ。初心者の方は楽しめます。
ニセコビレッジスキーリゾート 傾斜が急なコースが多い。初心者は苦労するかも。

あくまで個人的な感想になります。

イルカマン
イルカマン
私は4つ全てのゲレンデを滑りましたが、グラン・ヒラフが最も楽しいゲレンデだと感じました。コースが多く地形が面白いですし、パークもあるので非常に楽しいです。 

初心者の方は『アンヌプリ国際スキー場』がおすすめで、パークやハーフパイプをゴリゴリ練習したい方は『HANAZONO』がおすすめですね。

 

というわけで、もしも、ニセコへスノーボード目的でリゾートバイトするなら、以下のような感じです。

初心者 アンヌプリ
初心者&中級者(上達したい人) グランヒラフ
上級者 グランヒラフ、HANAZONO

あくまで個人的な意見ですが、とにかくスノーボードを楽しみたいなら『グランヒラフ』がおすすめですね。

イルカマン
イルカマン
営業時間も長いですし、コースも満遍なく楽しめるので、『グランヒラフ』であれば、ハズレはないです。

外国人が多く外国に来ているような感覚になれる

ニセコエリアはとにかく外国人が多いです。

ただ、これはエリアによって異なりまして、外国人が多くいるエリアは『グランヒラフエリア』になります。

『ニセコマウンテンリゾートグラン・ヒラフ』の近くには多くの『飲食店』『ホテル』『ペンション&ロッジ』があり、長期休みで旅行に来ている外国人がたくさんいます。

というより、日本人よりも外国人の方が多いです。。

 

2〜3日の旅行者も多いですが、1ヶ月以上滞在している外国人もたくさんいますので、飲食店は毎日のように人で溢れていますし、『もはや、外国にいるのでは??』と思えるような風景を感じることができます。

イルカマン
イルカマン
1月26日はオーストラリアデーなので、ニセコグランヒラフエリアの飲食店はオーストラリア人で大盛り上がりです。 

お客様のほとんどが外国人ですし、職場のスタッフにも外国人がたくさんいますので、ニセコは『外国人と仲良くなれる環境』だと言えます。

なので、『英語を学びたい人』『外国人と仲良くなりたい人』『ワーホリや留学に興味ある人』におすすめなリゾバ先だとも言えますね。

イルカマン
イルカマン
ちなみに、ニセコに来て英語を学ぶことを『ニセコ留学』という模様。確かに、ニセコは英語を学ぶのに割と最適です。ニセコでバイトしつつ、友達作って英語を学ぶのは超合理的ですね。 

ニセコリゾートバイトでの悪かった点を紹介

悪かった点

・寮が相部屋だった

・時給が低かった

寮が相部屋だった

ニセコでの生活は最高だったのですが、寮が相部屋なのは割とストレスでした。

といっても、これは私の問題ですし、相部屋を選んだ私の責任なので、ニセコが悪いわけではないです。

なので、相部屋が平気な方は全く問題ないと言えますね。

それに『ニセコ・グランヒラフエリア』のリゾバ先はたくさんありますので、きっと個室寮の職場もあることでしょう。

イルカマン
イルカマン
『グランヒラフエリア』で個室寮の仕事があったら最高ですね。

時給が低かった

これは私が働いていた時の話ですが、リフト係の時給は割と低かったです。

記憶が定かではないのですが『時給750円〜850円』くらいだったと思いますね。

月収でいうと『12万円〜13万円』程度でした。

なので、給料面はとても良いとは言えない環境だった印象ですね。

とは言え、私の場合はスノーボード目的で働きに行っていたため、そこまでデメリットを感じませんでした。。

 

ただ、近年のニセコはかなり景気が良いようで、時給が余裕で1000円を超えています。

他のスキー場よりも時給が高いので、この点はもはやメリットですね。

イルカマン
イルカマン
時給1000円以上で働けるなんて、羨ましすぎます。 

ニセコへの応募目的と採用までの流れを紹介

私がニセコへ応募した理由は以下になります。。

・スノーボードを楽しみたい

・日本最大級のスキー場でリゾバしてみたかった

というわけで、とにかくスノーボードがしたくてニセコへ行ったわけですね。。

イルカマン
イルカマン
ニセコへは以前、トマムでリゾバしている際に一度だけ遊びに行ったことがありました。その時に『素晴らしいスキー場』だと感じたことから、いつかニセコでリゾバしてみたいと思っていたことも大きな要因の一つです。 

雇用形態に関しては、派遣会社は利用せず、直接雇用のアルバイトスタッフとして働きに行きました。

『電話して履歴書を送り、採用をもらって、移動日を決める』といった流れで採用されましたね。。

ニセコでの仕事内容を紹介

私はニセコで『リフト係』の仕事をしていました。

リフト係の仕事内容に関しては以下の記事を参考にしてください。業務内容の全てが書いてあります。

そして、ニセコでのリフト係では、通常のリフト係では経験できないような業務が一つだけありまして、それが『雪落とし』です。

これは他のゲレンデでやったことのない特殊な作業だったのですが、大雪が降った翌日に、支柱に溜まった雪を落とす作業なんですね。。

イルカマン
イルカマン
私はこの作業を1度だけ経験しましたが、ブーツを履いたママ支柱の上まで上がり、雪を落とすのは怖い作業でした。 

また、基本的にはリフト係を行なっていたのですが、週に1度だけ『シャトルバスの手伝い』も行なっていましたね。

シャトルバスの手伝いに関しては『お客様の行き先を聞いて運転手に伝える』簡単な業務です。

ニセコでの1日のスケジュールを紹介

ニセコでの1日のスケジュールは以下のような感じでした。

6時〜7時 起床&準備
7時〜8時 職場へ移動
8時〜17時 仕事開始
17時〜 フリー

私の場合、ほぼ毎日、17時以降は食堂で夕食を済ませ、18時頃からナイター営業時間を利用してスノーボードを楽しんでいましたね。

スノーボードしない時は、友達と飲みに行くか、部屋で寝ていました。

スノーボード目的で来ているスタッフは、割とみんな『ナイター営業時間』『中抜け時間』を利用して滑っていましたね。

 

人によっては毎日飲みにいっているスタッフもいましたし、逆に外出はあまりしないスタッフもいました。

スキー場での勤務とはいえ、みんながスノーボード目的で来ているわけではないので、人それぞれ時間の使い方は違いましたね。

ニセコでの人間関係や思い出を紹介

私はニセコで以下のような人達と出会いました。

・自転車で日本一周している人 20代後半の男性

・山が大好きな人(夏は山岳ガイド、冬はスキー場のパトロール) 30代後半の男性

・リゾートアルバイター 20代〜40代 男女多数

・スキー&スノーボード好き 20代〜40代 男女多数

スノーボード仲間もできましたし、普段の生活では出会わないであろう人とも出会うことができて良い経験になりましたね。

毎日のようにスノーボードを楽しみましたし、休みの日に友達と札幌へ遊びに行ったこともありました。

職場の人間関係に関しても悪くはありませんでしたので、特にストレスはなかったですね。。

イルカマン
イルカマン
私が働いていた職場の人間関係は良好でしたが、他の職場はわかりません。働いているスタッフが非常に多いため、多少のトラブルはあったかも。

ニセコでの生活環境を紹介

私はニセコのグランヒラフエリアでリゾバしていたので、生活環境は非常に充実していました。

近くに『コンビニ』『飲食店』があったので、不便なことはありませんでしたね。。

リゾートバイトにおける生活環境としては非常に良いですね。

イルカマン
イルカマン
逆にいうと、グランヒラフエリア以外は飲食店やコンビニなどありません。よくテレビなどで見る外国人がたくさんいて賑わっているエリアはヒラフエリアなので注意が必要です。

また、寮に関しては相部屋でしたので、多少のストレスはありました。

しかし、同室の相方は非常に良い人で仲良くなれたことから、特にトラブルもなく生活できましたね。

食事に関しては有料だったかと思いますが、金額はそこまで高くなかったと思います。

イルカマン
イルカマン
食費の詳細は不覚にも忘れてしまいました。 

ニセコスキー場を滑った感想を紹介

ニセコスキー場は日本最大級だけあって、スケールがでかいです。。

コース外(ゲート)も自己責任で滑ることができて、とにかく自由度が高く大自然を感じながら滑ることが可能ですね。

ニセコのコース開放ニセコのコース開放
ニセコのコース開放ニセコのコース開放

この辺はニセコルールというニセコならではのルールがありまして、以下の記事が参考になるかと思います。

とにかく、ニセコは『ゲートの開放』というのがありまして、自己責任でコース外を滑ることが可能なのです。(完全立ち入り禁止区域はNGです)

 

また、山頂近くのリフトを降りて徒歩30分程度歩き、山頂から滑ることも可能でして、前日に降った後、朝一で山頂から滑った時には最高のパウダースノーを楽しむことができます。

ニセコ山頂ニセコ山頂
イルカマン
イルカマン
ニセコのパウダー最高です。

ニセコ山頂の景色ニセコ山頂の景色
ニセコ山頂の景色ニセコ山頂の景色

さらに、ニセコは雪質やゲレンデの自由度も素晴らしいのですが、それに加えて、『ハーフパイプ』『パーク』も充実していますので『なんでもできるゲレンデ』だといえます。

『初心者から上級者』『フリースタイルからバックカントリー好き』まで楽しめるゲレンデですね。

ニセコでのリゾートバイト体験談の口コミや評判を調査

ニセコでのリゾートバイト体験談を見ると評判は良いですね。

ツイッターでの評判は以下のような感じです。

『ニセコ=英語が学べる』といった意見が多い印象ですね。

また、現在はニセコの時給も高めですし、もともとスキー場のクオリティは日本最大級ですので、『英語学べる』『稼げる』『スノーボード&スキー楽しめる』と良いことしかないレベルです。

イルカマン
イルカマン
私は過去にヒラフエリアでリゾバしましたが、この記事を書いていたら、また行きたくなって来ました。

まとめ:ニセコは最高のリゾバ先です。

ニセコでのリゾートバイトは非常に楽しいです。

ただ、ニセコといっても、おすすめなのは『グランヒラフエリア』でのリゾートバイトです。

なぜなら、外国人がたくさん生活している街がヒラフエリアにあるからです。。

なので、ニセコを満喫したいなら、間違いなく『グランヒラフエリア』でのリゾバがおすすめですね。

また、最後にまとめると、ニセコでのリゾートバイトは、以下の人におすすめです

まとめ

・英語を学びたい

・スノーボードを楽しみたい

・多くの人と出会いたい

・留学やワーホリに興味がある

・稼ぎたい

上記の条件に一つでも当てはまるなら、ニセコ(グランヒラフエリア)でのリゾートバイトはおすすめです!

〜リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング〜