【2022年最新版】リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング

リゾートバイトで後悔した失敗談を紹介【注意すべきポイントを解説】

リゾートバイト失敗談

リゾートバイトは『現地に行ってから後悔して辞めてしまう人』がたくさんいます

辞めてしまう理由は様々ですが、

・想像と違う
・話と違う
・人間関係に悩む

といったような理由が多いですね。

リゾバ男子

リゾートバイト始めてみたけど、想像と全然違ってめちゃくちゃ大変なんだけど。。。

リゾバ女子

リゾートバイトで思い出たくさん作ろうと思ったのに、人間関係が上手くいかない。ツライなぁ。。。

私自身、何度もリゾートバイトへ行っていますが、後悔するほどに失敗した経験はありますし、途中で辞めた経験もあります。

この記事を書いている人

イルカマン リゾートバイト 実績

そこで、この記事では、20回以上のリゾバ経験がある私自身のリゾートバイト失敗談を紹介します。

この記事を読むことで、リゾートバイトの失敗を未然に防ぐことが可能です。

3分程度で読める内容になっていますので、『リゾートバイトで失敗したくない人』はぜひ、最後まで読んでみてください!

イルカマン

私の失敗談を教訓にして、あなたは失敗しないでくださいね。

タップできる目次

リゾートバイトで後悔した失敗談を紹介

私のリゾートバイト失敗談は以下です。

① 労働環境の悪い勤務地に来てしまった
② スノーボードができない環境に来てしまった
③ 寮を妥協してしまった!

イルカマン

①と②のリゾートバイトは途中で辞めました。

労働環境の悪い勤務地に来てしまった

上司の説教
上司の説教

私は過去に『岐阜県にある小規模な温泉旅館』で働いたことがあります。

11月1日〜11月30日までの1ヶ月間契約で働く予定でしたが、結論から言うと、2週間で辞めました。

辞めた理由は以下です。

・パワハラがキツかった
・仕事が全然なかった

イルカマン

料理長に毎日怒鳴られていました。

私がこの温泉旅館で働く前に聞いていた条件は以下です。

勤務期間1ヶ月間
職種調理補助(未経験可)
時給900円
勤務日数週5日間
勤務時間8時間

しかし、実際に現地へ行ってみると、

・労働時間は1日3時間〜4時間程度
・労働日数は週2日〜3日程度
・料理長のパワハラが凄い

といった労働環境でした。

仕事が全くないので稼げないですし、たまに仕事へ行くと『料理長にすっと怒られる』という地獄の日々。

イルカマン

ずっと居心地が悪い。

ちなみに、私が料理長から受けたパワハラ内容は以下です。

・くしゃみしただけで怒られる
・朝ごはん食べてたら「早く食え」と怒られる
・指示を仰ぐと怒られる

これをパワハラと感じるかは人それぞれかもしれませんが、何をしても怒鳴られていたので、精神的につらかったですね。

また、住み込みで働いているアルバイトスタッフは私と60代のおじさんの2人しかいなかったので、相談する相手もいませんでした。

イルカマン

話し相手がいないのもつらい。

仕事もないですし、パワハラもつらかったので、結果、2週間で辞めましたね。

当時の体験談に関して詳しくは以下の記事で紹介しています。興味のある人はぜひ。

>> 【最悪なリゾートバイト体験談】パワハラ上司が嫌で2週間で辞めた話

【解決策】派遣スタッフとして働こう!

なぜ、私はこのような労働環境の悪い職場に来てしまったのか?

その理由は『派遣会社を利用しなかった』ことにあると思います。

というのも、私は、岐阜県のホテルへ直接雇用のアルバイトスタッフとして働いているのです。

自力で求人を探して、テキトーに応募したことが原因でこのような職場に行ってしまったんですね。

イルカマン

急いでいたのでテキトーに選んでしまった。。

なので、もしも私が、派遣会社を利用してリゾートバイト求人を探していたらこのような自体にはなっていなかったと感じています。

派遣会社を利用すれば、

・勤務地の労働環境を事前に知ることができる
・トラブルがあった際、担当者が対応してくれる

といったメリットがあります。

さらに、派遣スタッフとして働けば、さすがに、勤務先の従業員もパワハラ行為はできないでしょう。

イルカマン

パワハラしたらすぐ問題になりますからね。

以上のことから、派遣会社を利用してリゾートバイトしていれば、このような状況は回避できたと考えます。

教訓

労働環境の悪い職場を避けたいなら、リゾートバイトの派遣会社を利用して、派遣スタッフとして働くべき!

スノーボードができない環境に来てしまった

スノーボード
スノーボード

私はスキー場リゾートバイトへ行くも5日間で辞めた経験があります。

理由は『スノーボードができなかったから』です。

というのも、当時、私は『毎日スノーボードを楽しみたい』という理由でスキー場のリゾートバイトへ行きました。

イルカマン

スノーボードのためだけにスキー場でバイトしたい。

しかし、私の確認不足もあって、『毎日スノーボードができない』どころか『週1回スノーボードできるかわからない』といった勤務地へ行ってしまったんですね。

希望条件とは全く別の勤務地に行ってしまったことでストレスを感じ、5日間という速さで辞めてしまいました。

このスキー場リゾートバイトも私の失敗談の一つですね。

当時の失敗談について詳しくは以下の記事で紹介しています。興味のある人はぜひ。

>> 【スキー場リゾートバイトをすぐ辞めた話】滑れないので5日で帰りました

【解決策】求人選びは慎重に!

私が5日間で辞めた原因は私の『確認不足』にあります。

というのも、私は『スキー場で働けば、毎日スノーボードができる』と考えていたんですね。

イルカマン

スキー場リゾートバイトは当然、毎日スノーボードできるでしょ!

なので、派遣会社の担当者には『リフト券無料のスキー場で働きたい』としか伝えていませんでした。

私の意見を聞いた派遣会社の担当者は、希望条件通りの求人を紹介してくれ、応募!

応募した求人に無事、合格したため、いざ働いてみると、

・リフト券を借りるのに人数制限がある
・土日は滑るの禁止(お客様が多い日は禁止)
・ナイター営業がない

という状況だったわけです。

イルカマン

あれ?全然滑れない。。

ただ、リフト券は無料で借りられますので、派遣会社の担当者は私の希望条件通りの求人を紹介してくれています。

つまり、完全に私の確認不足が招いたミスマッチなのです。

イルカマン

今考えると信じられないミスです。猛省ですね。

ではどうしていればよかったのか。。

答えは簡単で、単純に、

・リフト券無料
・毎日スノーボードができる

ということをもっとしっかり担当者に伝えておけばよかっただけです。

私は毎日スノーボードを楽しみたいです。そのためにスキー場へリゾートバイトに行きます。なので、『中抜け休憩中に毎日スノーボードが楽しめる』もしくは『ナイター営業時間中に毎日スノーボードが楽しめる』そんな求人を紹介してほしいです。

このように、しっかりと派遣会社の担当者に伝えていれば、このようなミスマッチは発生しなかったでしょう。

イルカマン

担当者とのコミュニケーションは超重要です。

教訓

リゾートバイト求人を選ぶ際は妥協しない。派遣会社の担当者には細かすぎるくらい入念に希望条件を伝えましょう!

寮を妥協してしまった

リゾートバイトの寮
城に向かう家出少女

私は、3月1日から1ヶ月間『スキー場近くのホテルのフロント』で働いていたのですが、またしても、求人選びに失敗してしまいます。

というのも、3月からだと、スキー場のリゾートバイト求人は極端に募集が減るんですよね。

イルカマン

正直、選べるほどの求人数はないです。

そんな中でも、私は『毎日スノーボードできる環境』という希望条件を提示しており、『滑れないなら行かない』『滑れるならどこでもいい』といった気持ちで求人を探しました。

そして、グッドマンサービスというリゾートバイトの派遣会社から、

勤務期間3月1日〜3月末
職種フロント
時給950円
勤務日数週5日間
勤務時間8時間
相部屋

といった条件の求人を紹介してもらい、応募!

イルカマン

無事に合格をもらいました。

ただ、本来であれば、個室を希望したいところでしたが、どうしてもスノーボードがしたかったので、妥協し、相部屋で働くことにしたんですね。

結果、これが大失敗。。

というのも、私は『相部屋=3人〜4人部屋』だと思っていたのですが、いざ、現地に行くと、8人部屋だったんですね。

正直、部屋の広さもそこまで大きくなく、2段ベッドが4つぎっちりセットされている部屋での生活はキツかったです。

かなりキツイ生活でしたが、一方で、スノーボードを毎日楽しむことができたので、結果、行って良かったとは思っています。

ただ、『寮の部屋は絶対に妥協するべきではない』と痛感しましたね。

イルカマン

特に1ヶ月以上勤務するなら慎重に選ぶべきです。

当時の体験談に関しては以下の記事で詳しく紹介しています。興味のある人はぜひ。

>> 【スキー場リゾートバイト体験談】3月から1ヶ月間だけ働いた感想【新潟県のホテル】

【解決策】派遣会社の担当者に質問しよう!

私の場合、求人数が少なかったこともあって、求人選びを妥協してしまいました。

ある程度仕方ないと思ってはいるものの、とはいえ、妥協すると行ってから後悔するケースは多いです。

イルカマン

実際、私は妥協して相部屋の勤務地へ行きましたが、まさかの8人部屋。

この経験から、

・寮は絶対に妥協してはいけない
・相部屋=2人〜4人部屋だとは限らない

と感じましたね。

リゾートバイトの相部屋って2人〜4人部屋のケースが多いですが、それ以上であることも十分ありえるので注意が必要です。

イルカマン

相部屋の人数は必ず確認しましょう!

教訓

リゾートバイト求人を選ぶ際、妥協は禁物。求人数が少ないからといって妥協すると、行ってから後悔するかもしれません。特に1ヶ月以上働く場合は慎重に選ぼう!

リゾートバイトで失敗しないためのポイントを解説

リゾートバイトで注意すべきポイント
閃いた少年

リゾートバイトで失敗しないためのポイントは求人選びです。

私の失敗談は以下です。

① 労働環境の悪い勤務地に来てしまった
② スノーボードができない環境に来てしまった
③ 寮を妥協してしまった

上記3つの失敗談の共通点は、『求人選びの失敗』が原因なんですよね。

イルカマン

当時は求人の内容をしっかり確認せず応募していました。

そして、上記3つの失敗談から言えることは、

・必ず派遣会社を利用すること
・希望条件は細かく伝えること
・求人選びは妥協しないこと

ですね!

上記3点を抑えれば、求人選びで失敗することはありません

そして、求人選びを失敗しなければ、リゾートバイトへ行ってから後悔するようなこともないです!

この記事をここまで読んでくれたあなたは、私のように失敗しないためにも、上記3点を抑えてリゾートバイトへ行きましょう!

イルカマン

私のような思いはしないでね。

まとめ:リゾートバイトは求人選びを間違えると地獄です。

私は20回以上のリゾートバイト経験がありますが、

① 労働環境の悪い勤務地に来てしまった
② スノーボードができない環境に来てしまった
③ 寮を妥協してしまった!

といった失敗談があります。

このような失敗をしないためにも、以下の点を抑えてリゾートバイトへ行きましょう!

・必ず派遣会社を利用すること
・希望条件は細かく伝えること
・求人選びは妥協しないこと

上記3点は私自身が失敗して学んだことです!

この記事をここまで読んでくれたあなたは、絶対に私のような失敗はしないでくださいね!

イルカマン

リゾートバイト求人は慎重に選びましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (7件)

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次
閉じる