リゾートバイト悩み解決

リゾートバイトとは?口コミ&評判をリゾバ歴8年の経験者が解説

リゾートバイトとは 口コミ&評判
リゾバ男子
リゾバ男子
リゾートバイトって実際どうなの?どんな生活が送れるのか知りたい。

この記事では、このような質問に答えるべく、リゾートバイトという働き方について紹介します。

この記事を書いてる人
イルカマンのリゾートバイト実績イルカマンのリゾートバイト実績

リゾートバイトという働き方を知ったけど、

・住み込みの仕事って実際どんな生活が送れるの?

・リア充な若い人が多そうだけど実際どうなの?

・そもそも住み込みで働くメリットって何?

など、上記のような疑問を抱いている人は多いかと思います。

実際、私もリゾートバイトへ行く前はそう考えていましたし、この記事に訪れてくれたあなたも、このような疑問を抱えているのではないでしょうか?

そこで、この記事では、リゾートバイトという働き方について、リゾートバイト歴8年の私が徹底解説いたします。

この記事の内容

この記事を読めば、リゾートバイトという働き方がどのようなものか把握できますので、興味のある人はぜひ、チェックしてください!

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトは旅行しながら働けるし、生活費を抑えられるので、貯金にも最適です!
見たい場所へ移動→
  1. リゾートバイトとは?
  2. 旅行しながら働くって可能なの?
  3. 【リゾートバイトの口コミ&評判】私がリゾバを通して学んだことを紹介します
  4. みんなの口コミ&評判【ツイッターまとめ】
  5. リゾートバイトはこんな人におすすめ
  6. まとめ:リゾートバイトは旅しながら貯金ができる最高の働き方です。

リゾートバイトとは?

絶景を眺める旅人絶景を眺める旅人

リゾートバイトとは『日本全国のリゾート地に住み込みで働くこと』です!

主な勤務先としては、

・ホテル

・旅館

・ペンション

・スキー場

・海の家

・テーマパーク

・ゴルフ場

・キャンプ場

・酪農・牧場・農家

・ナイトスタッフ(ガールズバー等)

などが挙げられますね。

イルカマン
イルカマン
近年では、街中にあるホテル等での仕事もあります

ちなみに、余談ですが、リゾートバイトのことを

・リゾバ

・リゾバイ

・トラバイ(トラベルバイトの略)

と言ったりもします。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトの派遣会社によってリゾートバイトの言い方は違いますね。

リゾートバイトの雇用形態はアルバイトなの?

リゾートバイトの雇用形態は主に、

・派遣社員

・アルバイト

の2通りがあります。

 

直接、勤務先から雇用されれば、アルバイトとして働くこともできますし、リゾートバイト専門に取り扱っている派遣会社を利用すれば、派遣社員として働くことも可能です。

直接雇用と派遣社員の違いやメリットとデメリットに関しては以下の記事で詳しく紹介しています。

>> リゾートバイトは直接雇用と派遣スタッフどっちが良いか考えてみた

リゾートバイトってどんな仕事があるの?

リゾートバイトの主な仕事は以下です!

〜リゾートバイトの職種全種類の仕事内容一覧〜

職種 仕事内容
フロント・ベル・受付 宿泊施設のフロントでの仕事。お客様の宿泊手続き、館内の案内、周辺観光の紹介等が主な仕事になります。
事務・宿泊予約 宿泊施設でのお客様の予約の手配をする仕事。PC入力等の事務作業もあります。
売店 宿泊施設等での売店のレジ、包装、商品説明、商品の陳列、棚卸などの全般業務。
レストランサービス 宿泊施設やレジャー施設等でのレストランサービス。バイキング、宴会場、食事処、おしゃれなカフェ〜ラーメン屋まで幅広い。
仲居 旅館での仲居業務。お客様のお出迎え・お見送り・館内のご案内や客室・食事処・宴会場への料理の配膳・後片づけ等、仕事の幅が広い。
調理 仕込み、盛り付けなどの調理業務。求人によっては調理師資格が必要。メインでの調理業務を任される場合もあるが、料理長の補助役の場合もある。
調理補助 仕込み、盛り付けなどの調理業務。調理と違って食材の切り出しができれば、働ける求人が多い。求人によっては包丁が使えなくても働ける。
清掃 宿泊施設やレジャー施設等での清掃業務。客室の清掃からロビー、お風呂場等の清掃。旅館等では布団の上げ下げもあり。
洗い場 レストランでの洗い場業務。
レジャー施設スタッフ キャンプ場、ゴルフ場、テーマパークなどのレジャー施設での業務全般。接客業務からプールの監視員まで幅広い。
マリンスタッフ スキューバダイビング、シュノ―ケリング、ジェットスキー、バナナボート、パラグライダー等のインストラクター。また、海の家やショップでの接客や販売の求人もある。
スキー場スタッフ リフト係、パトロール、インストラクター、レンタル係などスキー場での仕事全般。
農業・酪農・牧場 農業・酪農・牧場での業務全般。
ナイトワーク リゾート地や温泉地でのスナック、ガールズバー、クラブ、ナイトラウンジの接客業務。時給が高く、お酒が飲めない女性でも働けるお店もある。コミュニケーション能力は必須。

リゾートバイトの仕事はだいたいこんな感じですね。

イルカマン
イルカマン
稀に特殊な仕事もありますが、基本、上記の職種がほとんどです。

リゾートバイトの職種に関して、詳しくは以下の記事で紹介していますので、興味のある方はぜひ!

>> リゾートバイトの職種全種類の仕事内容まとめ【楽な業務はなし】

リゾートバイトって稼げるの?給料事情が知りたい。

コインを飛び越える男コインを飛び越える男

リゾートバイトの時給は『900円〜1300円』程度になります。

沖縄県等のリゾートバイトだと900円前後が多いイメージで、女性限定にはなりますが、ナイトワーク等だと1500円以上稼げる求人も多くありますね。

勤務地によっては、レストラン等の仕事でも『時給1300円』以上の高時給求人も多く取り扱っています!

 

時給の詳細に関してはリゾートバイトに特化した派遣会社の求人を見てみるとイメージしやすいかと思います。

主なリゾートバイトの派遣会社は以下の4社ですね。

>> グッドマンサービス
※業界No.1の高時給。リピーター時給アップ制度あり

>> アルファリゾート
※特典&福利厚生が充実。温泉地&仲居の求人が豊富。求人数・時給・スタッフフォロー全てが高水準

>> ヒューマニック
※業界No.1の求人数。1ヶ月以内の短期求人も豊富

>> リゾートバイトダイブ
※スタッフフォローが手厚い

上記4社は、リゾートバイトに特化した派遣会社の中でも、取り扱っている求人数が多いです。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトスタッフの中でも、上記4社を利用している人がほとんどです。

ちなみに、リゾートバイトの派遣会社に関する記事は以下で詳しく紹介していますので、興味のある方はぜひ!

>> 【2021年最新版】リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング【リゾバ歴8年の経験者が徹底比較】

また、私のリゾートバイト時代の月収&年収に関しては以下の記事で赤裸々に語っています。

>> リゾートバイトは貯金できる?いくら稼げるのか月収と年収を公開!

リゾートバイトの寮ってどんな感じなの?

リゾートバイトは基本、寮生活になります。

アパートタイプで住む場合もありますし、ホテルや旅館の仕事だと、客室を使わせてもらえることもあります。

しかし、最も多いのが寮生活ですね。

 

部屋のタイプとしては、

・個室

・相部屋

のどちらかを選ぶのが基本となります。

 

また、注意点としては『相部屋=2人部屋ではない』という点です。

勤務先によっては『相部屋』と言っても、3人部屋、4人部屋と様々なケースがありますので注意が必要ですね。

イルカマン
イルカマン
ちなみに私は最高で8人部屋を経験したことがあります。

リゾートバイトの寮事情に関しては以下の記事で詳しく紹介していますので、興味のある方は、ぜひ!

>> リゾートバイトの寮生活は個室と相部屋どっちが良いか比較!

>> リゾートバイトの寮は綺麗か汚いか?夏は虫が出る部屋もある?

リゾートバイトの食事は美味しいの?

リゾートバイトは住み込み生活となるため、食事を提供してくれる勤務先が多いです!

勤務先によっては、

・3食無料(朝食&昼食&夕食)

・2食無料(昼食&夕食)だけど、休みの日はなし

・3食有料(1食250円)

など、様々なケースがあります。

 

ただ、勤務先によってはごく稀に『自炊』しなければならない場合もありますので、注意が必要ですね。

イルカマン
イルカマン
私は20回以上のリゾートバイト経験がありますが、基本、2食無料で食べていました。

また、食事の内容に関しては、だいたい以下の4パターンがあります。

・食堂

・まかない

・お弁当

・バイキングの残り物

イルカマン
イルカマン
私の経験上、リゾートバイト先での食事は上記4パターンのどれかです。

毎日、暖かい出来立ての食事が食べたい場合は、食堂でご飯が食べられる勤務先を選ぶのが良いかと思いますね。

また、リゾートバイトの食事について詳しくは以下の記事で詳しく紹介していますので、興味のある人は、ぜひ!

>> リゾートバイトの食事事情を紹介【まかないやお弁当の画像を公開】

リゾートバイトの勤務期間はどのくらい?

リゾートバイトの勤務期間は『1週間〜1年間』と様々です!

『ゴールデンウィーク(GW)』『お盆』『年末年始』1週間〜10日間程度の求人もあれば、1年間以上の長期間働ける求人もありますね。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトの働ける期間は様々です。

ただ、中でも最も多いのが、『1ヶ月〜3ヶ月』程度の求人になります。

理由はシンプルで『リゾートバイトはリゾート地の求人が多いから』ですね!

 

海の家の仕事は『6月〜9月』が繁忙期になりますし、スキー場の仕事であれば『1月〜3月』までが繁忙期です。

繁忙期が過ぎると仕事もなくなりますので、契約が切れる場合が多いですね。

 

もちろん、1年間通して働ける求人もたくさんありますが、最も多い勤務期間としては1ヶ月間〜3ヶ月間程度の求人となります。

リゾートバイトの勤務期間に関しては以下の記事で詳しく紹介していますので、興味のある方はぜひ!

>> リゾートバイトへ1ヶ月以内(1週間〜2週間)の超短期間だけ働く方法を紹介

>> リゾートバイトへ長期間(半年〜1年以上)ずっと働く利点を紹介

リゾートバイトってどんな人が働いているの?

みんなで写真を撮るリゾートバイトスタッフみんなで写真を撮るリゾートバイトスタッフ

リゾートバイトは様々な人が働いています。

私が実際にリゾートバイト先で知り合ったスタッフは以下ですね。

・大学生

・リゾートバイトしつつ日本一周している人

・スノーボードやサーフィンが好きな人(アクティビティ目的)

・留学やワーホリへ行こうと考えている人

・バックパッカー(海外を放浪している人)

・元ニート

・家出少年

・転職中の社会人

・会社を辞め、気分転換にリゾートバイトしてる人

・会社員(副業で1週間程度のリゾバに来る人)

18歳〜60代まで年齢も性別も様々です。

リゾートバイト参加者って何歳くらいの人が多いの?

リゾートバイト参加者の年齢比は以下になります。

〜参加者の年齢〜

*学生以外のデータです。

10代 → 8.8%

20代 → 54.9%

30代 → 18.6%

40代 → 9.8%

50代 → 5.9%

60代 → 2.0%

引用元 ヒューマニック公式サイト

上記のデータはリゾートバイトの大手派遣会社『ヒューマニック』で公開されている年齢構成比です。

上記の年齢比を見ればわかる通り、10代〜20代で全体の6割を占めますね。

一方で、30代〜40代のスタッフも約2割〜3割ほどいます。

 

あとは、勤務先や職種によって、リゾートバイト参加者の年齢層が変わってきますね。

例えば、テーマパークやスキー場などの勤務先は若い人が多いですし、温泉旅館などは30代以上のスタッフが活躍しています。

リゾートバイト参加者の年齢層に関しては以下の記事で詳しく紹介していますので、興味のある人はぜひ。

>> リゾートバイトの年齢層や年齢制限を解説【18歳〜高齢者までOKです】

リゾートバイト参加者の男女比が知りたい。

リゾートバイト参加者の男女比は以下になります。

〜参加者の男女比(ヒューマニック調べ)〜

【男女比(学生以外)】

男 ➡︎ 49%

女 ➡︎ 51%

【男女比(学生)】

男 ➡︎ 58%

女 ➡︎ 42%

引用元:リゾートバイトは1人でも問題ない?知っておきたいリゾバ応募者の実情

上記のデータはリゾートバイトの大手派遣会社『ヒューマニック』で公開されている男女比です。

ヒューマニックで公開されている男女比はほぼ『5:5』の割合ですね。

 

あとは、勤務先や職種によって、男女比は微妙に変わってくるかと思います。

例えば、仲居の仕事であれば、ほとんど女性になりますし、洗い場の仕事になれば男性の方が割合が多いですね。

リゾートバイトの男女比に関して詳しくは以下の記事で紹介しています。興味のある人はぜひ。

>> リゾートバイトの男女比を解説【勤務地や職種によって様々です】

リゾートバイトは一人参加でも大丈夫なの?

リゾートバイトは一人参加でも問題ありません。

実際、リゾートバイトの派遣会社【ヒューマニック】による応募者のデータは以下になります。

【学生】

一人参加 ➡︎ 41%

グループ参加 ➡︎ 59%

【学生以外】

一人参加 ➡︎ 87%

グループ参加 ➡︎ 13%

引用元 リゾートバイトは1人でも問題ない?知っておきたいリゾバ応募者の実情

2018年6月〜8月の集計になります。

上記のデータを見る限り、学生はグループ参加の方が多いですが、学生以外の場合、ほとんどの人が一人参加となります。

なので、リゾートバイトは一人参加でも全く問題ありません!

イルカマン
イルカマン
私もいつも一人参加です!一人で参加するぶん、新しい出会いがあって楽しいですよ。

リゾートバイト先で友達はできる?

リゾートバイト先で友達はできます。

リゾートバイトは一人参加者が多いですし、価値観が似ているスタッフも多いので、意気投合するのに時間はかからないですね。

ただ、勤務先によっては、リゾートバイトスタッフが2人〜3人など少人数な職場もあるので、たくさん友達を作りたい場合は、リゾートバイトスタッフが30人以上働いている職場に行くことをオススメします。

詳しくは以下の記事で解説していますので、興味のある人はぜひ。

>> リゾートバイトは友達できる?一人ぼっちで参加する際の注意点を紹介!

リゾートバイトは出会いがある?

リゾートバイトは出会いが豊富です。

ただ、重要なのは勤務地選びでして、例えば、以下の勤務先であれば、どちらの方が出会いが豊富だと思いますか?

① リゾートバイトスタッフが100人働いている勤務地

② リゾートバイトスタッフが5人働いている勤務地

答えは当然『①』です。

つまり、リゾートバイトスタッフがたくさん働いている勤務地へ行けば、出会いは豊富です!

以上のことから、『たくさん友達を作りたい』『恋人がほしい』と考えている人は、リゾートバイトスタッフがたくさん働いている勤務地で働きましょう!

詳しくは以下の記事で紹介していますので、興味のある人はぜひ。

>> リゾートバイトへ出会い目的で行く際のおすすめな職種や勤務地を紹介

>> 【リゾートバイトの恋愛事情】彼氏や彼女ができて結婚もある?

リゾートバイトって友達同士で参加してもいいの?

リゾートバイトは友達同士で参加してもOKです!

詳しくは以下の記事で紹介していますので、興味のある人はぜひ。

>> リゾートバイトへ友達同士で行く際の注意点を解説【喧嘩する前に見てね】

リゾートバイトって恋人同士で参加してもいいの?

リゾートバイトは恋人同士で参加してもOKです!

勤務先によってはカップルで部屋を借りれる場合もありますね。

詳しくは以下の記事で紹介していますので、興味のある人はぜひ。

>> リゾートバイトはカップル(恋人同士)で行くのもOK【同室もあるよ】

リゾートバイト先での人間関係って実際どうなの?

リゾートバイト先での人間関係は、良好な職場が多いです。

ただ、勤務先によっては、人間関係のトラブルが発生してしまう職場もありますね。

リゾートバイト先での人間関係においては以下の記事で詳しく紹介しています。興味のある人はぜひ。

>> リゾートバイトの人間関係って実際どうなの?訳ありな人も働いてる?

>> 【実例あり】リゾートバイトにいじめ・人間関係のトラブルは現実にある話

旅行しながら働くって可能なの?

リゾートバイトって『働きながら旅をする』とワクワクするような宣伝されてますよね。

上記の動画を見ると、すごいキラキラしていますが、実際のところ、『働きながら旅なんかできるの?』って思っている人も多いかと思います。

 

そんな人にお伝えしたいのは『実際に、リゾートバイトしつつ、日本全国旅しているスタッフはいる』ということです。

事実、私自身、リゾートバイト先で、

・車で日本一周しながらリゾートバイト

・バイクで日本一周しながらリゾートバイト

・自転車で日本一周しながらリゾートバイト

という人に出会ったことがあるんですね。

イルカマン
イルカマン
だいたいみんな、日本一周の途中でリゾートバイトしてます。

自転車で日本一周してた人の例でいうと、

・12月上旬〜3月末 → スキー場でリゾートバイト

・4月上旬〜11月下旬 → 自転車で日本一周

・12月上旬〜3月末 → スキー場でリゾートバイト

という日程で日本一周しながらリゾートバイトしてましたね。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトしてお金を貯めつつ、日本一周していました。

また、バイクで日本一周している人は、

・12月上旬〜3月末 → スキー場でリゾートバイト

・4月上旬〜9月末 → バイクで日本一周

・10月上旬〜11月末 → ホテルでリゾートバイト

・12月上旬〜3月末 → スキー場でリゾートバイト

といった日程で日本一周しながらリゾートバイトしてましたね。

このような感じで、『1年の半分はリゾートバイトしてお金を貯めて、1年の半分は遊び倒す』という人は多いです。

 

また、私が出会った人の中には、スキー場で半年ほどリゾートバイトし、60万円ほどお金を貯めて、残りの期間、東南アジアで激安ニート生活を送る強者もいました。

他にも、

・リゾートバイトでお金を貯めて、海外を放浪する

・リゾートバイトでお金を貯めて、ワーキングホリデーに行く

・リゾートバイトでお金を貯めて、留学する

・リゾートバイトでお金を貯めて、日本全国旅行する

・リゾートバイトでお金を貯めて、残りの期間、実家でニート生活を送る

といった人に出会いましたね。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトで効率よくお金を貯めて、残りの期間、遊ぶ人は割と多いです。

また、私が出会った人の中には『夏は海で働き、冬はスキー場で働いて、間の期間は、旅行して遊んでいる人』も多かったですね。

リゾートバイトは、生活費がほとんどかからないので、稼いだお金はマルッと貯金可能!

決して月収は高くないけど、可処分所得が高いのがリゾートバイトの最大の魅力なんですよね。

イルカマン
イルカマン
生活費がかからないので、月収20万円でも、ほぼ全額貯金可能です!

つまり、リゾートバイトは『生活費をかけず貯金しながら、日本全国旅できちゃう』というライフスタイルなのです!

さらに、交通費も支給してくれるので、無料で旅行している気分になれますね。

イルカマン
イルカマン
可処分所得が高く、ガッツリ貯金できるからこそ、旅行を楽しめます!

ちなみに、私のリゾートバイト体験談は以下の記事で詳しく紹介しています。

>> 【リゾートバイト体験談】リゾバ歴8年の私の経験談を全て紹介

イルカマン
イルカマン
私は約8年間で23回リゾートバイトしました。

旅行しながら働く際の注意点

ダンボールの飛行機で旅をする姉妹ダンボールの飛行機で旅をする姉妹

リゾートバイトは旅行しながら働くことが可能です。

具体的にいうと、

・リゾート地で働きつつ、休みの日に観光できる

・リゾートホテルで働けば、割引券で施設が利用できる

・スキー場で働けば、スノーボードやスキーを楽しめる

・海で働けば、ダイビングやサーフィンが楽しめる

・山で働けば、気軽にトレッキングや登山を楽しめる

・温泉旅館で働けば、毎日温泉に入れる

といった生活が送れるんですね。

 

ただ、気をつけなければならないのが、『働きに行っていることを忘れてはいけない』ということです。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトはあくまで住み込みの仕事です。

ごく稀に、遊び感覚でくるスタッフがいますが、大前提として、遊ぶのはしっかり仕事をこなしてからの話です。

この点はしっかり認識しておく必要がありますね。

 

また、リゾートバイトは繁忙期に働くことが多いので『忙しすぎて遊ぶ暇がない』ということがあります。

例えば、8月1日〜8月31日までリゾートバイトへ行った場合、

8月1日〜8月10日 仕事を覚えるのと、新しい環境に慣れるのに精一杯。
8月13日〜8月18日くらい お盆の時期になり、超忙しい。
8月20日〜8月31日 仕事を覚え、環境にも慣れて楽しくなる。やっと余裕ができる。

こんな感じの生活になります。

イルカマン
イルカマン
私の場合、上記のような感じ。器用な人は余裕かもしれませんが、不器用な人は慣れるのに10日間くらいかかります。

なので、リゾートバイトへ行けば、最初から最後まで楽しいわけではありません。

最初は仕事を覚えるのと、環境に慣れるのに時間がかかりますので、その辺りは事前に理解しておいた方が良いですね。

 

また、『ガッツリお金を貯めつつ、観光もしたい』という人は1ヶ月〜3ヶ月くらいの期間でリゾートバイトへ行くことをオススメします。

理由は『仕事を覚えるのと環境に慣れるのに時間がかかるから』ですね。

それに、1ヶ月以上のリゾートバイトでないと、休みもしっかりもらえない可能性があるので、注意が必要です。

イルカマン
イルカマン
『ゴールデンウィーク』『お盆』『年末年始』など10日間程度の短期リゾートバイトだと、休みがない可能性があります。

また、観光目的で行くなら、事前に休み希望を出しておく必要もありますね。

1ヶ月以上のリゾートバイトであれば、事前に『〇日と〇日を休みたいです』と希望を出すことができるので、上手く活用しましょう!

【リゾートバイトの口コミ&評判】私がリゾバを通して学んだことを紹介します

私はリゾートバイトへ行って価値観が変わりました。

リゾートバイトへ行ったことで、

ということを学ぶことができましたね。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトへ行き、様々な地域で、個性豊かな人に出会い、多くを学びました。

主体的に行動することの大切さを知った

空を飛ぶことを夢見る少年空を飛ぶことを夢見る少年

私は小中高と普通の学校生活を送ってきたのですが、とにかく流されて生きてきました。

高校の時、進路を決める時も、『結局、何がやりたいのかわからず』専門学校へ進学。

しかし、就職活動の時期になっても、就職することに抵抗があったり、何がしたいのかわからず、ずっとモヤモヤしていました。

 

そんな時、放課後に求人サイトを見ながら、求人を探していると、『リゾートバイト』という働き方を知ります。

なんて検索したのかは覚えていませんが、当時、『全国いろんな場所で働いてみたいな』と考えていたため、ヒットしたのだと思います。

その時、隣にいた女の子に『リゾートバイトって知ってる?なんか面白そうじゃない?』と話しかけたら、『現実逃避してるの?』と冷たくあしらわれたことは今でも鮮明に覚えていますね。

当時、みんな将来のことを考えて就活している中、リゾートバイトに興味を持ってしまった自分は『めちゃくちゃ変なやつなんだろうな』と思うようになり、それ以降、クラスメイトにリゾートバイトの話をするのを辞めました。

 

そんな切ない専門学校生活を送っていたのですが、それでもなぜか『リゾートバイト』は頭から離れず、『どうしても行ってみたい』という好奇心が勝って、専門学校最後の夏休みに、思い切ってリゾートバイトへ!

この時初めて、私は自分の意思で挑戦しました!

イルカマン
イルカマン
イルカマン。動きます!

そして、いざ、リゾートバイトへ行ってみると、

・新しい出会いがたくさんある

・短期間でガッツリ稼げる

・地方生活を体験できる

と楽しいことばかりでした。

何より、『自分と似た価値観を持つ人に出会えたことが嬉しかった』ですね。

イルカマン
イルカマン
クラスメイトには理解されませんでしたが、リゾートバイトへ行ってみると、僕のような人ばかりでした。

この経験から、私は、リゾートバイトにハマり、結果、30歳までリゾートバイトへ行くようになってしまったんですね。

 

ただ、この時初めて、主体的に行動し、楽しい思い出ができた成功体験から、私は『主体的に行動することの大切さ』を知りました。

主体的に行動することの大切さを知ったからこそ、流されることもなくなりましたね。

自分の将来について真剣に考えられるようになりましたし、今、こうしてリゾートバイトに関するブログを運営しているのも、主体的に行動する大切さを学べたからだと考えています。

リゾートバイトへ行ったことで、『主体的に行動しないと成長はない』ということを学べましたね。

ちなみに、初めてのリゾートバイト体験談に関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。

>> 【初めてのリゾートバイト体験談】夏休みの短期で働いた感想【8月から1ヶ月間】

好きなことを好きなだけ楽しめた

好きなことを好きなだけ楽しむ好きなことを好きなだけ楽しむ

リゾートバイトは『好きなことを好きなだけ楽しめる』働き方です。

私はスキー場のリゾートバイトへ行ったことがきっかけで、スノーボードにハマりしました。

 

5年間ほど、毎シーズン、スキー場でリゾートバイトするようになり、毎日スノーボード三昧。

特に大会に出るわけでもなく、プロを目指しているわけでもないのですが、大好きなスノーボードに熱中し、日々、上達して行く自分が好きで、毎日が楽しかったですね。

また、スノーボードを通して、たくさんの友達ができましたし、いろんな思い出もできました。

イルカマン
イルカマン
雪山で生活し、毎日スノーボードを楽しむ生活が送れるのも、リゾートバイトならではですね。

私の場合は『スノーボード』でしたが、マリンスポーツにハマれば、海での生活が可能ですし、登山にハマれば、山奥での生活も可能です!

 

このように、リゾートバイトは『“好きなことを好きなだけ楽しむ”ということが実現できる働き方』なんですね。

私の知り合いの中には、スノーボードが好きすぎて、スキー場近くに移住したり、マリンスポーツが好きすぎて、沖縄に移住した人もいます。

リゾートバイトへ行ったことがきっかけで『“好きなことを好きなだけ楽しむ”という生き方』があることを知れたのは、良い学びでしたね。

『自由に生きてもいい』ということを知った

リゾートバイトしながら自由に生きる男リゾートバイトしながら自由に生きる男

リゾートバイトへ行って気づけたことは『自由に生きてもいい』ということです!

きっかけは、スキー場のリゾートバイトで知り合った30代の男性(A)です。

Aは当時『リゾートバイトしてお金を貯めて、なくなったらまたリゾートバイトしてお金を貯める』という生活を送っていました。

簡単にいうと、『1年の半分はリゾートバイトへ行って、1年の半分はフラフラ遊んでいるというライフスタイル』ですね。

 

そんなAはとにかく自由で、海外を放浪していた時期もあれば、オーストラリアでワーキングホリデーしていたこともあります。

特に、海外を放浪していた時期は、路上ライブして、お金を稼いでいたほどの強者。

『リゾートバイトしながら、休みの日は、スノーボードを楽しみ、夜はバーでお酒を楽しみながら、時には歌を歌う』という不思議な魅力の詰まった人でしたね。

 

常にお金がない彼でしたが、好きなことしかしないので、毎日楽しそうに生活していました。

イルカマン
イルカマン
笑顔の絶えない人でしたね。

正直、当時は、『この人将来どうするんだろう。。』と疑問に思ったこともありましたが、よくよく観察していると、その人の周りには常に人が集まっていて、人徳のある人でもありました。

 

常にお金がない人でしたが、友達の紹介で農業の手伝いをしたり、リゾートバイト時代の仲間に誘われて、スキー場でリゾートバイトしたりと、とにかく周りに人がいて、毎日楽しそうでしたね。

出会った当初は『変な人』って感じでしたが、3ヶ月も一緒にいると、毎日自由に楽しく生きているAさんがすごくかっこよく見えるようになりました。

 

そして、Aさんの周りに人が集まるのは、『Aさんが人との縁を大切にし、自分らしく生きているから』なのだろうなと感じましたね。

そんなAさんに出会ったことがきっかけで、私は『自分の人生なのだから、自由に生きていい』ということを学ぶことができました。

そして、Aさんのように、『人との縁を大切にしながら、自分らしく生きよう』と思えるようになりましたね。

『大切なのは手元に残るお金』だということを知った

大切なのは手元に残るお金大切なのは手元に残るお金

リゾートバイトへ行って気づけたのは『大切なのは手元に残るお金』だということです。

私は、専門学校時代、『いづれは、東京で一人暮らししながら就職するのだろうな』と考えていました。

 

しかし、スキー場のリゾートバイトへ行き、とある40代の女性(A)に出会ったことで、考え方が変わります。

というのも、私は24歳の時、スキー場でリゾートバイトしていたのですが、Aさんに出会い、以下のような会話をしたんですね。

Aさん
Aさん
イルカマンはここの仕事が終わったらどうするの?ずっといればいいのに。
イルカマン
イルカマン
いや〜。一応、25歳になったら就職を考えています。
Aさん
Aさん
就職?どこで何の仕事するの?
イルカマン
イルカマン
いや。。全然決めてないんですけど。とりあえず、東京行って仕事探そうかなと。。
Aさん
Aさん
東京?家賃超高いよ。私、28歳〜38歳までの10年間、東京でエステの仕事してたけど、全然お金貯められなかったんだよね。だから東京は大変だよ。
イルカマン
イルカマン
そうなんですね。
Aさん
Aさん
そうそう。当時は手取りで20万円くらいもらってたんだけど、家賃とか交際費とかいれたら全く貯金できなかったよ。でも、今は住み込みで働いているから、かなり貯金できて最高なんだよね。

こんな話をしてくれたAさん。

 

そんなAさんの半生を簡単にまとめると以下のような感じ。

Aさんは20代前半までスノーボードに打ち込み、夏は水商売してお金を貯め、冬はスノーボードに打ち込む日々を送っていました。

しかし、27歳の時、スノーボードで生活するのを諦め、28歳の時に、東京でエステの仕事を開始。正社員となりました。

 

ただ、東京は『家賃』『食費』と生活費が高く、貯金をするのが難しかったそうです。

28歳〜38歳まで10年間、エステの仕事をしましたが、給料が上がることもなかったことから、10年間でできた貯金額はほんのわずか。。

『これ以上、エステの仕事を続けても先がない』と考えたAさんは、その後、昔お世話になっていたスキー場近くのペンションで住み込みバイトを開始。

東京から地方へ移住したんですね。

 

ペンションでは、アルバイトスタッフとして働き始めましたが、住み込み生活だったため、『寮費』『食費』が無料だったため、生活費は一切かかりませんでした。

さらに、会社の車を使うことができ、閑散期に旅行へ行くこともできたそうです。

 

給料はエステ時代よりも下がりましたが、なんせ、生活費が一切かからないことから、Aさんは毎年、100万円以上の貯金ができるようなりました。

しかも、ペンションは夏と冬が繁忙期で、それ以外は仕事が減るので、そのタイミングで長期休暇をもらい、毎年2回ほど、旅行を楽しんでいたそうですね。

毎年2回、旅行に行けるようになり、なおかつ、毎年100万円ほど貯金できるようになったAさんは、『東京での生活よりも、はるかに、地方での生活の方が楽しい』と私に教えてくれました。

 

そして、Aさんはペンションで3年ほど働き、お金を貯めて、私が出会った時には、車を購入し、近くのアパートで生活できるようになっていましたね。(アパートの家賃も地方なので激安)

さらに、スキー場近くのペンションで働くようになってから、良い出会いもあり、同じスノーボード好きの男性と結婚していました。

東京での生活は大変だったようですが、地方に移住してから、とても幸せな生活が送れるようになったんですね。

そんな話を私にしてくれました。

この話を聞いて私は『大切なのは手元に残るお金』なのだなと知りましたね。

イルカマン
イルカマン
つまり、可処分所得が大切ということです。

例えば、Aさんは東京で生活している時、以下のような経済状態でした。

【月の収入】

手取り → 20万円

【月の支出】

家賃 → 8万円

食費 → 6万円

水道光熱費 → 1万円5000円

ケータイ代 → 1万円

交際費 → 2万円

雑費 → 1万円

【1ヶ月で貯金できる金額】

20万円 – 18万5000円 = 1万5000円

上記はあくまで一例です

しかし、ペンションで住み込み生活を送っていた時のAさんの経済状態は以下のような感じです。

【月の収入】

手取り → 20万円

【月の支出】

家賃 → 0円

食費 → 0円

水道光熱費 → 0円

ケータイ代 → 1万円

交際費 → 2万円

雑費 → 1万円

【1ヶ月で貯金できる金額】

20万円 – 4万円 = 16万円

同じ月収でも、東京で生活している時は『月に1万5000円』貯金するのがやっとでしたが、住み込み生活を送るようになってからは『月に16万円』貯金できるようになっているのです。

イルカマン
イルカマン
住む場所を地方に変えるだけで、貯金できる額が全然違います。

雇用形態は、正社員からアルバイトスタッフになっているので、世間的な風当たりは強いかもしれませんが、私からすると、どう考えても、住み込み生活を送っているAさんの方が幸せそうに見えます。

 

そんなAさんと出会って、私は、『雇用形態とか関係なく、手元に残るお金が大切なんだな』と感じました。

なので、Aさんと出会ってからは、生活して行く上で、『いかに生活費を抑えるか。支出を抑えるか』ということを考えるようになりましたね。

イルカマン
イルカマン
Aさんとの出会いは、私にとってとても大きな学びがありました。

住む地域によって価値観が違うことを知った

住む地域によって価値観が違う住む地域によって価値観が違う

私は今まで21ヶ所でリゾートバイトしてきたのですが、『住む地域によって価値観が違う』ことも知りました。

例えば、私の地元だと、非正規労働者は『良い歳してフリーターかよ。』みたいな感じで若干、浮きます。

イルカマン
イルカマン
私の被害妄想かもしれませんが。

親戚からも『遊んでられるのは今のうちだけだよ』と言われたり、風当たりは、厳しいです。

 

しかし、私は過去にスキー場近くのペンションで働いていた経験があるのですが、その地域では、ほとんどの労働者がフリーターでした。

私の周りのスタッフは以下のような人がほとんど。

・『ペンション』『飲食店』のオーナー・経営者

・『ペンション』『飲食店』で働くアルバイトスタッフ

・リゾート施設の『アルバイトスタッフ』『正社員』『派遣社員』

だいたい、経営者かフリーターが多く、むしろ、正社員として働いている人は少なかったです。

 

経営者かフリーターが多かったことから、非正規労働者であっても、『風当たりが強い』なんてことはなく、居心地がとても良かったんですね。

イルカマン
イルカマン
その地域では、フリーターなんて当たり前でした。

また、人によっては、リゾートバイトをきっかけに、地方移住して農業を始めたり、ペンション経営を始める人もいます。

 

なんというか、地方だと、『正社員じゃないと恥ずかしい』『低収入は恥ずかしい』みたいな風潮は、ほぼありません。(地域にもよるかもしれませんが。)

少なくとも私が働いていた地域では、みんなお金ないので、低収入や非正規雇用は恥ずかしいことではありませんでした。

それに、前述しましたが、収入は低いですが、生活費がほとんどかからないので、地方生活は貯金ができます。

イルカマン
イルカマン
家賃が安いのはでかいです。

『ゴリゴリ稼ぎたい人』には合わないかもしれませんが『マイペースに生きたい人』には最適なライフスタイルだと思いますね。

 

感覚的なものになってしまいますが、東京だと時間の流れが早く感じます。

しかし、地方にいると、時間がゆっくり流れている感じがするんですよね。

関わる人も少ないぶん、一人一人と親密になりますし、東京での生活に疲れた人は地方でゆっくりしてみるのも良いかもしれません。

 

ちなみに、私が働いていた地域では、『年収300万円〜400万円』くらい稼ぐサラリーマンや公務員は珍しかったです。

でも、『年収300万円〜400万円』くらい稼ぐサラリーマンや公務員って東京では普通ですよね。

イルカマン
イルカマン
地域によっては少し低いくらいに思われているかも。

そんな人が、私の働いていた地域に来たら、余裕を持って生活することができます。

つまり、何が言いたいのかというと、『住む地域によって、必要な年収』って全然変わってくると思うんですよね。

 

東京での生活は、『家賃』『食費』『交際費』にお金がかかるので、年収300万円〜400万円ほど稼いでいても、手元にはあまりお金が残らないのではないでしょうか?

一方で、地方だと、東京ほど『家賃』『食費』『交際費』にお金がかからないので、年収300万円〜400万円ほど稼いでいたら、かなり貯金できます。

 

前述しましたが、『大切なのは手元に残るお金だと思うので、住む場所って結構大事かも』ということに気づきましたね。

また、住む地域によって文化や価値観も違うので、『都内での生活に疲れた人』『都内の生活が合わない人』は一度、リゾートバイトへ行って地方生活をしてみるのもありです。

イルカマン
イルカマン
地方で生活すると、『こんな世界もあるのか』という気づきがあったりしますので。

実際、私は、スキー場近くのペンションで半年以上働いた結果、

・年収200万円でも楽しく生活できる世界がある

・フリーターでも楽しく生活できる世界がある

といった世界があることに気づけました。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトしてなかったら、絶対に知らなかった世界です。

私自身、スキー場近くのペンションで働き、オーナー夫婦に家族のように接してもらったことから、『いつでも帰ってきていいからね』という暖かい言葉をかけてもらいました。

なので、いつも心の奥に『最悪、生活に困ったら帰ろう』と考えています。

イルカマン
イルカマン
これだけで、とても気持ちが楽になります。

リゾートバイトへ行ったことで『地方の価値観に触れた』『最悪困ったら帰れる場所ができた』というのは、とても良い経験になりました。

みんなの口コミ&評判【ツイッターまとめ】

ツイッターで発見したリゾートバイトの感想は以下です。

『良い経験になった』という意見もあれば、『大変だった』という意見もありますね。

イルカマン
イルカマン
正直、リゾートバイトは向き不向きがあるかと思います。

勤務先によって、働きやすい職場もあれば、過酷な環境の職場もありますね。

 

なので、もしも、リゾートバイト初心者で、不安を感じるのであれば、まずは、短期で働くことをオススメします。

具体的には、1週間〜1ヶ月間程度の短期ですね。

1週間〜1ヶ月間程度の短期であれば、最悪、リゾートバイトが合わなかったとしても、大変な思いをしなくて済みます。

 

短期でリゾートバイトへ行く方法は以下の記事で詳しく紹介しています。

>> リゾートバイトへ1ヶ月以内(1週間〜2週間)の超短期間だけ働く方法を紹介

リゾートバイトはこんな人におすすめ

リゾートバイトおすすめガッツポーズする男

リゾートバイトは以下のような人におすすめな働き方です。

・全国旅したい人
・いろんな土地で生活してみたい人
・いろんな人と出会いたい人
・環境を変えたい人
・自分を変えたい人
・お金を貯めたい人
・お金を貯めつつ勉強したい人
・アクティビティを楽しみたい人
・ワーホリ・留学・海外放浪に興味のある人
・みんなでワイワイしながら生活したい人

上記に該当する人は、リゾートバイトという働き方も視野に入れて良いかと思いますね。

 

また、最近では、リゾートバイトしつつ、

・エンジニア

・ブロガー

・アフィリエイター

・動画編集

といった仕事をする人も増えています。

イルカマン
イルカマン
フリーランスとして働きつつ、リゾートバイトする感じですね。

ちなみに、私は、リゾートバイト先で、

・全国旅しながら楽しく生活したい
・ワーホリ・留学・海外放浪のためにお金を貯めたい
・効率よくお金を貯めながら勉強したい
・転職期間中に気分を変えたい
・脱サラして環境を変えたい
・アクティビティを楽しみたい

といった人に出会ってきました。(参考までに)

イルカマン
イルカマン
上記のように、目的を持ってリゾートしている人は、充実した生活を送っている印象です。

一方で、以下のような人はあまり向かないかも。。

・環境を変えるのが苦手

・安定した生活を送りたい

・協調性がない

リゾートバイトは住み込み生活を送ることになるので、環境の変化に対応できない人は向きません。

さらに、寮生活や職場では、チームワークが重要になってきますので、協調性が全くない人も、向かないですね。

イルカマン
イルカマン
個室寮で、清掃や洗い場など、コミュニケーションを取らなくて良い職場なら、協調性がなくても問題ないです。

また、リゾートバイトはただのアルバイトです。

『安定した生活を送りたい』『正社員としてしっかりとキャリアを積みたい』と考えている人にとって、リゾートバイトは向かないですね。

『将来、ホテルの仕事や仲居の仕事に就きたい』と考えているならありですが、そういうわけではないなら、期間を決めてリゾートバイトへ行った方が良いですね。

イルカマン
イルカマン
ダラダラと何年も長い間、リゾートバイトを続けると、職歴に傷がつくかも。。

まとめ:リゾートバイトは旅しながら貯金ができる最高の働き方です。

リゾートバイトは日本全国旅しながらお金を貯められる最高の働き方です。

個人的には以下のような人におすすめな働き方ですね。

・全国旅したい人
・いろんな土地で生活してみたい人
・いろんな人と出会いたい人
・環境を変えたい人
・自分を変えたい人
・お金を貯めたい人
・お金を貯めつつ勉強したい人
・アクティビティを楽しみたい人
・ワーホリ・留学・海外放浪に興味のある人
・みんなでワイワイしながら生活したい人

ただ、リゾートバイトは日本全国旅しながらお金を貯めることができますが『あくまで働きに行く』ということをお忘れなく。

実際問題、遊び感覚で仕事に行くと、『遊びじゃねぇんだよ』と怒られますから、『遊びは遊び』『仕事は仕事』とメリハリつけてリゾートバイトへ行きましょう!

イルカマン
イルカマン
遊びに夢中になって仕事サボるのは辞めましょうね。
\ 特集記事 /