リゾートバイト体験談

【副業リゾートバイト体験談】土日祝日(週末)のみスキー場ホテルで働いた感想

副業リゾートバイト体験談 土日祝日(週末)のみ働いた感想

この記事では、私の土日祝日のみのリゾートバイト体験談を紹介します!

この記事を書いている人
イルカマンのリゾートバイト実績イルカマンのリゾートバイト実績

私は過去に土日祝日のみの副業でスキー場近くのホテルで働いた経験があります。

この記事では、そんな私の土日祝日のみのリゾートバイト生活について振り返っていきます。

この記事の内容

この記事を読めば、土日祝日のみのリゾートバイト生活がどのようなものか把握できますので、

・土日祝日のみのリゾートバイト生活が知りたい

・土日祝日のみのリゾートバイトへ行く方法が知りたい

・土日祝日のみのリゾートバイトはいくら稼げるのか知りたい

上記のようなことを考えている人は、ぜひ、参考にしてみてください。

イルカマン
イルカマン
土日祝日のみのリゾートバイトは毎週末旅行ができて楽しいです!

【副業リゾートバイト体験談】土日祝日(週末)のみスキー場ホテルで働いた感想

スキー場に隣接しているホテルスキー場に隣接しているホテル

詳細は以下です。

勤務先 新潟県のホテル
勤務期間 1月9日〜4月7日
職種 洗い場
勤務時間 土曜日 → 18時〜22時
日曜日 →   7時〜11時
時給 1000円
月給 約3万円
個室
寮費 無料
食費 2食無料
アルバイトスタッフ数 6人くらい

私は1月9日〜4月7日まで新潟県にあるスキー場近くのホテルで働きました。

土日祝日のみの仕事で『土曜日の夜』『日曜日の朝』だけ働く流れでしたね。

イルカマン
イルカマン
目の前がゲレンデだったので、土曜日の日中と日曜日の午後はスノーボード滑り放題でした!

1週間のスケジュール

私が副業で土日祝日のみ働いていた時の1週間のスケジュールは以下です。

月曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
火曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
水曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
木曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
金曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
土曜日 リゾートバイト先のホテルで仕事(18時〜22時)
日曜日 リゾートバイト先のホテルで仕事(7時〜11時)

私は当時、派遣社員として工場勤務していたので、『平日は派遣の仕事』『土日はリゾートバイト』という生活を行なっていました。

イルカマン
イルカマン
ちなみに、3連休になる場合の祝日もリゾートバイトです。

土曜日のスケジュール

土曜日のスケジュールは以下です。

9時 家を出発。
11時30分 リゾートバイト先に到着
11時30分〜12時30分 昼食を食べる。ウェアに着替えて、リフト券を借りに行く
12時30分〜16時30分 スノーボードを楽しむ
16時30分〜18時 リフト券を返却。部屋に戻って休憩しつつ、仕事の準備
18時〜22時 仕事
22時〜24時 夕食&風呂
24時 就寝

土曜日は18時から仕事になります。

イルカマン
イルカマン
18時までに職場へ到着すればOK!

ただ、私の場合はスノーボード目的で土日祝日のリゾートバイトへ行っていたので、基本、土曜日の朝から出発していました。

天候が悪い日に関しては、スノーボードを楽しむ時間を削り、昼までゆっくり寝て、出発する日もありましたね。

イルカマン
イルカマン
ネットでスキー場の天候を調べてから朝一で出発するか決めていました。

日曜日のスケジュール

日曜日のスケジュールは以下です。

6時〜7時 起床。仕事の準備
7時〜11時 仕事
11時〜12時 昼食を食べる。ウェアに着替えてリフト券を借りる。
12時〜16時30分 スノーボードを楽しむ
16時30分〜17時30分 リフト券を返却。部屋に戻って帰る準備。
17時30分〜20時 帰宅

日曜日は午前中だけ仕事で、午後はフリーです。

私の場合、スノーボード目的で来ていたため、天気の良い日は毎日スノーボードを楽しんでいました。

ただ、天気が悪い日に関しては、スノーボードせず、仕事が終わったら帰って休んでいましたね。

イルカマン
イルカマン
スノーボードせず、新潟を観光したり、帰りに別の地域によって遊ぶ日もありました。

仕事内容

仕事内容は洗い場です。

洗い場の仕事は『下がってきた食器を洗浄機で洗って元の位置に戻すだけ』です。

簡単な仕事ですね。

洗い場の仕事内容に関して詳しくは以下の記事で紹介しています。

>> リゾートバイトの【洗い場/皿洗い】の仕事内容を体験談から解説

稼げた金額

稼げた金額は月3万円程度です。

計算

【土曜日】

時給1,000円 × 4時間 = 4,000円(日給)

【日曜日】

時給1,000円 × 4時間 = 4,000円(日給)

【土曜日と日曜日の合計】

4,000円 + 4,000円 = 8,000円

8,000円 × 4回(1ヶ月) = 32,000円(月給)

合計.32,000円

残業がある日もありましたし、早く終わる日もあったので、詳細は微妙に変わりますが、ざっくり上記のような感じです。

生活環境

スキー場の中腹にあるホテルスキー場の中腹にあるホテル

生活環境ですが、徒歩圏内にスキー場お土産屋さんがありました。

また、徒歩5分でバス停があり、バスに乗れば駅まで10分〜15分ほどで到着します。

寮事情

寮は個室です。

私の場合、土日祝日のみの利用となりますが、荷物を置かせてもらうことができました。

スノーボード道具仕事着を置けたのはとてもありがたかったですね。

イルカマン
イルカマン
毎週末、最小限の荷物で行けました。

食事事情

食事は無料です。

私の場合は土日祝日のみの仕事だったので、

土曜日の昼食 → お弁当

土曜日の夕食 → まかない

日曜日の昼食 → お弁当

といった感じで食事をいただいていました。

イルカマン
イルカマン
食事はまかないもお弁当も美味しかったです。

人間関係

人間関係は良好でした。

平日も通して働いている派遣スタッフが2人いて、土日祝日のみ働きに来るスタッフが5人〜6人ほどいた感じですね。

あとは、地元の農家さんが副業で働いているケースもありました。

応募から採用までの流れ

私は12月27日〜1月4日までの年末年始期間、新潟県にあるスキー場近くのホテルで働いていました。

元々は年末年始期間の短期契約でしたが、一緒に働いていたベテランスタッフから『週末の土日祝日のみでも働くことが可能』という話を聞き、私は女将さんと直接交渉して、土日祝日の週末のみ働かせてもらうことができました。

イルカマン
イルカマン
お疲れ様です。実は〇〇さんからスキーシーズンが終わるまで、土日祝日の週末のみのアルバイトもできると聞いたのですが、私も働かせていただく事は可能でしょうか?
女将
女将
あら。じゃあお願いしようかしらね。その代わり、必ず、毎週来なさいよ。

こんな感じで、あっさりOKをもらうことができました。

土日祝日のみのリゾートバイトへ行って良かったこと

新潟県のスキー場の風景新潟県のスキー場の風景

土日祝日のみのリゾートバイトへ行って良かったことは以下です。

・無料で毎週末スノーボードできた

・毎週末旅行できた

・一切お金がかからなかった

無料で毎週末スノーボードできた

私が働いた勤務先は、

・寮費無料

・食費無料

・交通費全額支給

・リフト券無料貸し出し

と一切お金がかかりません。

なので、毎週末、無料でスノーボードを楽しむことができましたね。

具体的には以下の時間スノーボードをの楽しんでいました。

土曜日→12時30分〜16時30分

日曜日→12時〜16時30分

土日で4時間ずつがっつりスノーボードを楽しめたのは最高ですね。

また、私は部屋も無料で借りれたので、ウェアやスノーボード道具を置くことができました。

イルカマン
イルカマン
部屋に道具を全て置けたので、毎週末、軽装でスノーボードしに行くことができましたね。

毎週末旅行できた

土日祝日のみのリゾートバイトは毎週末旅行に行くことができます。

私の場合、土曜日と日曜日の仕事時間は以下です。

土曜日 18時〜22時
日曜日 7時〜11時

上記時間が仕事になりますので、『土曜日の日中』『日曜日の午後』はフリー!

このフリーの時間を使って、観光したり、遊びに行くことができるんですね。

 

私の場合は以下のような感じで楽しんでいました。

土曜日の日中 スノーボード
日曜日の午後 観光地を観光しながら帰宅

また、天気の悪い日は、現地のグルメを食べに行く日もありましたね。

イルカマン
イルカマン
当時、一眼レフにハマっていたこともあり、観光地を観光しながら写真を撮って楽しんでいました。

一切お金がかからなかった

土日祝日のみのリゾートバイトへ行って良かったことは『一切お金がかからなかった』ことです。

私は毎週土日スキー場ホテルへリゾートバイトに行っていましたが、

・寮費無料

・食費無料

・交通費全額支給

・リフト券無料貸し出し

と一切お金がかかりませんでした。

なので、私としては、『毎週末、無料でスノーボード旅行に来ている』という感覚でしたね。

毎週末、以下の時間だけ働けば、『寮費』『食費』『交通費』『リフト券』全て無料になるので、コスパ最強の旅行です。

土曜日 18時〜22時
日曜日 7時〜11時

実際、私は新潟県のホテルまで行くのに往復で約12,000円ほどかかっていましたから、もはや、稼いでいた金額よりも、往復の交通費の方が高いです。

『上記時間働けば、毎週末無料で旅行できる』という点は週末リゾートバイトの最も良かったことですね。

イルカマン
イルカマン
部屋に荷物も置けるので、帰りにリュック一つでいろんな場所へ行けました。

土日祝日のみのリゾートバイトへ行って大変だったこと

土日祝日のみのリゾートバイトへ行って大変だったことは以下です。

・休みがない

休みがない

私の場合、平日に派遣の仕事をしながら、土日祝日にリゾートバイトへ行っていました。

〜当時の1週間のスケジュール〜

月曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
火曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
水曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
木曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
金曜日 派遣の仕事(8時30分〜17時30分:残業ある時は19時30分まで)
土曜日 リゾートバイト先のホテルで仕事(18時〜22時)
日曜日 リゾートバイト先のホテルで仕事(7時〜11時)

このスケジュールが1月から4月7日まで続いたので、休みがなく大変でした。

もちろん、土日はプチ旅行に行けて楽しかったのですが、さすがに2ヶ月経過したくらいから、どっと疲れてきます。

なので、私の場合は、2月と3月で4回ほど有給を使って休みました。

イルカマン
イルカマン
『休みがない』というのは、嬉しいことでもありましたが、大変なことでもありましたね。

土日祝日のみのリゾートバイトへ行く方法

雪山を目指す冒険家雪山を目指す冒険家

私の経験上、リゾートバイトへ土日祝日のみ働く方法は以下の2つしかありません。

・直接交渉してみる

・土日祝日の週末のみの求人を探して応募する

直接交渉はかなりハードルが高いですが、すでに関係性のある職場だったり、規模の小さい会社であれば、土日祝日の週末のみ働ける可能性は十分にあります。

直接交渉が無理であれば、土日祝日のみの求人を探すしかないですね。

直接交渉してみる

私のように、『年末年始の短期で働きつつ、その後、直接交渉してみる』というのも一つの方法としてありです。

というにも、意外と、リゾート地の『ホテル』『旅館『ペンション』『土日だけ忙しい』というケースが多いです。

なので、土日だけ働きに来てくれるスタッフは貴重なんですね。

イルカマン
イルカマン
女将さんからしても『忙しい時だけ働いてくれるスタッフ』は貴重な人材。

実際、年末年始の短期間で仕事を覚えれば、土日祝日の週末のみ働く際、一から仕事を教える手間が省けるので、雇う側としても、使い勝手が良いです。

このような人材になれれば、土日祝日の週末のみ働くことは交渉次第で可能です!

土日祝日の週末のみの求人を探して応募する

土日祝日の週末のみの求人を探す方法は以下です。

リゾートバイトの派遣会社に登録する

⬇︎

派遣会社に希望条件を伝えて求人を紹介してもらう

⬇︎

紹介してもらった求人の中から最も希望条件に合うものに応募する

上記の方法で求人を探すのが最も効率が良いですね。

イルカマン
イルカマン
派遣会社を利用すれば、最短3日間で仕事が決まります。

ちなみに、私がおすすめする派遣会社は以下の4社です。

>> グッドマンサービス
※業界No.1の高時給。リピーター時給アップ制度あり

>> アルファリゾート
※特典&福利厚生が充実。温泉地&仲居の求人が豊富。求人数・時給・スタッフフォロー全てが高水準

>> ヒューマニック
※業界No.1の求人数。1ヶ月以内の短期求人も豊富

>> リゾートバイトダイブ
※スタッフフォローが手厚い

理由はシンプルで『求人数が多いから希望条件にあった職場を見つけやすい』という点ですね。

まずは、上記4社に『土日祝日のみのリゾートバイト求人はありますか?』と連絡して求人があるか聞いてみてください。

イルカマン
イルカマン
リゾートバイトの派遣会社は非公開求人も多く取り扱っているので、連絡してみるのが一番です。

また、私の経験上、土日祝日のみのリゾートバイト求人が最も多いのはヒューマニックです。

実際、ヒューマニックの公式サイトを見ていると、数は少ないですが、土日祝日の週末のみの求人は存在します。

ヒューマニックの公式サイトから土日のみの求人ヒューマニックの公式サイトから土日のみの求人
イルカマン
イルカマン
求人は少ないですが、諦めずに探すことが大事ですね。

まとめ:土日祝日のみのリゾートバイトは毎週末旅行している気分で楽しいです。

土日祝日のみのリゾートバイトへ行って感じた良かったことと大変だったことは以下です。

良かったこと

・無料で毎週末スノーボードできた

・毎週末旅行できた

大変だったこと

・休みがない

土日祝日のみのリゾートバイトは体力的にきついです。(平日働いている場合)

ただ、一方で、毎週末、プチ旅行できるのは最高に楽しかったですね!

しかも、私の場合は、毎週末、大好きなスノーボードが楽しめましたし、なおかつ、『寮費(荷物置いてOK)』『食費(1日2食)』『交通費』『リフト券』全て無料なので、一切お金がかかりませんでした。

イルカマン
イルカマン
もはや、毎週末、無料で旅行している気分でしたね。

社会人の方で『土日祝日の週末のみ副業したい』と考えている人は、リゾートバイト求人を探してみるのも、ありだと思います。

特に『気分転換したい』『新しい出会いを求めてる』的な人であれば、なおさら、リゾートバイトはおすすめですね!

\ 特集記事 /