プラグイン

ショートコードを作成するおすすめプラグインを紹介【WordPress】

ショートコードを作成するおすすめプラグイン
イルカマン
イルカマン
こんにちは。ブロガーのイルカマンです

この記事に訪れてくれたあなたは【ショートコードを作成する良い感じのプラグインないかな?】と考えているのではないでしょうか?

ブログ記事を書いていく中で、ショートコードを利用すると記事作成の時間が短縮できますから、とても便利なんですよね。。

そこで、この記事では私のオススメするショートコードが作成できるプラグインを紹介いたします。

具体的に、私のオススメするプラグインは以下の2つになります。

・AddQuicktag

・Post Snippets

この記事を読むことで上記のプラグインの特徴がわかるかと思いますし、ショートコードを作成することで、記事作成時間を短縮できるかと思います!

この記事の内容

・私が【AddQuicktag】と【Post Snippets】をオススメする理由を紹介

・【AddQuicktag】と【Post Snippets】の違いを紹介

【AddQuicktag】と【Post Snippets】をオススメする理由を紹介

ショートコードを作成する上で【AddQuicktag】【Post Snippets】をオススメする理由は『管理が簡単』だからです。

【AddQuicktag】【Post Snippets】はどちらも、コードをそのままコピペしてタイトルをつければすぐに使用できます。

イルカマン
イルカマン
5分程度でショートコードを作成できてしまいますから、とても簡単です。 

【AddQuicktag】【Post Snippets】の使い方に関しては以下の記事を参考にしてみてください!

【AddQuicktag】と【Post Snippets】の違いを紹介

【AddQuicktag】【Post Snippets】の違いは以下になります。

AddQuicktag 作成したショートコードのコードをそのまま記事内に貼り付けることができる。
Post Snippets 作成したショートコードをそのまま記事内に呼び出すことができる。

例えば【AddQuicktag】『挨拶』というタイトルで『こんにちは』という内容のショートコードを作成して、記事作成のページで使用すると『こんにちは』と表示されます。

そして、記事を公開しても『こんにちは』と表示されます。

一方【Post Snippets】『挨拶』というタイトルで『こんにちは』という内容のショートコードを作成して、記事作成のページで使用すると『挨拶』と表示されます。

そして、記事を公開すると『こんにちは』と表示されます。

 

同じことをしているようで、実は違いがあります。

 

【AddQuicktag】の場合は、直接記事にショートコードの内容を貼り付けています。

例えば、『挨拶』というタイトルで『こんにちは』という内容のショートコードを『30記事』に使用したとします。

しかし途中で『やっぱり、こんばんわ』にしようと内容を『こんばんわ』に変更した場合、今までに作成した『30記事』『こんにちは』はそのまま残り続けます。

なので、過去の『30記事』『こんばんわ』に変更したくなった場合は、直接編集する必要があるんですね。。

 

一方、【Post Snippets】の場合は、記事に作成したショートコードのタイトルだけ貼り付ける形になります。

そして、作成したショートコードの内容を表示させる形になるんですね。

例えば、『挨拶』というタイトルで『こんにちは』という内容のショートコードを作成し、『30記事』に使用したとします。

しかし途中で『やっぱり、こんばんわ』にしようと内容を『こんばんわ』に変更した場合、今までに作成した『30記事』『こんにちは』『こんばんわ』に変更されます!

つまり、【Post Snippets】の場合は、ショートコードの内容を変更すると、今までに使用してきたショートコードの内容全てが変更するんですね!

 

以上が【AddQuicktag】【Post Snippets】の違いになります。

イルカマン
イルカマン
私の場合は以下のような感じで使い分けています! 
AddQuicktag ・吹き出し

・囲み枠

・ボタン

・おしゃれな見出し

Post Snippets ・よく使う定型文

・アドセンス広告

・オススメしたい特集記事の紹介

【AddQuicktag】の場合はコードをそのまま記事内に挿入したいものを使用します。

例えば、【吹き出し】を使用する場合は、毎回コメントが変わりますから、【AddQuicktag】の方が使い勝手が良いですね!

【囲み枠】【ボタン】【見出し】も同様の理由です!

 

一方で【Post Snippets】の場合は、基本的に編集のいらないよく使うものを使用します。

例えば、アドセンス広告であれば、編集は必要ないですよね。

そんな中で『【アドセンスのレスポンシブ広告】を使用していたけど【アドセンスの記事内広告】に変更したらクリック率上がるかな?』といった実験が簡単にできます!

【Post Snippets】の場合は、ショートコードの中身を編集するだけで、今まで貼り付けていたそのショートコードの内容全てが変更になりますので、アドセンスの広告管理などでも非常に便利です!

【よく使う定型文】【オススメしたい特集記事】も同様の理由ですね!

まとめ

この記事では、私のオススメのショートコードが作成できるプラグイン【AddQuicktag】【Post Snippets】を紹介いたしました。

【AddQuicktag】【Post Snippets】は同じショートコードが作成できるプラグインなのですが、微妙に違いがあるんですね!

なので、【AddQuicktag】【Post Snippets】の違いをよく理解しながら使用することをオススメします!

〜リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング〜