リゾートバイト体験談

【スキー場リゾートバイト体験談】学生最後の春休みに働いた感想【2月〜3月末の2ヶ月間】

春休みのスキー場リゾートバイト体験談
リゾバ男子
リゾバ男子
スキー場リゾートバイトって実際どうなの?経験者のリアルな意見が聞きたいな。

このような質問に答えるべく、この記事では、私のスキー場リゾートバイト体験談を紹介します!

この記事を書いている人
イルカマンイルカマンのリゾートバイト実績

私自身、専門学生時代の春休み期間に、スキー場リゾートバイトへ行った経験があります。

イルカマン
イルカマン
長野県のスキー場で2月〜3月末まで働きました!

この記事では、当時の生活を詳細に振り返っていきますので、『春休み期間を利用してスキー場リゾートバイトへ行ってみたい』と考えている人はぜひ、参考にしてみてください!

結論から言うと、スキー場リゾートバイトは、

・出会いが豊富
・寮費&食事無料
・毎日スノーボードを楽しめる(リフト券無料・ウェア&スノーボード用品の無料レンタルあり)

で最高に楽しいです!

イルカマン
イルカマン
スキー場リゾートバイトは最高に楽しいので、迷うくらいなら行くべきです!

【スキー場リゾートバイト体験談】学生最後の春休みに働いた感想【2月〜3月末の2ヶ月間】

長野県のスキー場(2月中旬〜3月31日)長野県のスキー場(2月中旬〜3月31日)

私は専門学生の春休みを利用して長野県のスキー場へリゾートバイトに行きました。

そんな、長野県のスキー場での仕事詳細は以下です。

勤務期間 2月中旬〜3月31日
職種 調理補助(居酒屋)
勤務日数 週3日間(金曜日・土曜日・日曜日)
勤務時間 15時〜21時
時給 900円
月給 約6万円
相部屋(2人)
食事 2食(無料)
アルバイトスタッフ数 100人くらい

仕事は居酒屋の調理補助だったのですが、金曜日〜日曜日しか働いていなかったので、週3日勤務でした。(日曜日は休みの日もあり)

リゾートバイトで週3日勤務というのは珍しいですし、あまり稼げませんでしたが、私自身、スノーボード目的で行っていたので、個人的には良かったです!

また、私が勤務したスキー場は、

・リフト券の貸し出しあり(無料)

・スノーボードの板・ビンディング・ブーツの貸し出しあり(無料)

・スノーボードウェアの貸し出しあり(無料)

という特典があったので、無料でスノーボードを楽しむことができました。

イルカマン
イルカマン
スノーボード初心者でしたが、帰る頃には全コース滑れるようになりました!

仕事内容

長野県のスキー場リゾートバイトでは『居酒屋の調理補助』の仕事をしていました。

仕事の流れとしては以下のような感じですね。

15時〜17時 → 仕込み

17時〜21時 → 盛り付け

15時〜17時の間は『仕込み作業』です。

17時から居酒屋がオープンしますので、オープンして以降は、揚げ物やったり、おにぎり握ったり、盛り付け作業を行うという流れですね。

包丁は一切使わなかったので、難しい業務はありませんでした。

また、調理師さんも皆良い人だったので働きやすい職場でしたね。

イルカマン
イルカマン
職場環境は先輩スタッフによって左右されます。尊敬できる先輩スタッフがいるとリゾートバイトは楽しく過ごせますね。

稼げた金額

私の場合、居酒屋の調理補助の仕事だったのですが、忙しい日のヘルプ要因だったので、基本、金曜日〜日曜日が仕事でした。(場合によっては祝日も仕事)

1日の稼働が6時間で時給が900円でしたから、1日で5,400円前後稼いでおり、1ヶ月で約6万円前後稼いでいましたね。

私は当時学生でしたし、スノーボード目的で働きに来ていたので、むしろ週3日程度の勤務はありがたかったです。

イルカマン
イルカマン
学校の都合上、2回ほど家に帰らなければならなかったので、平日休めたのも良かったです!

生活環境

スキー場で住み込み生活を過ごしていたわけですが、周りには何もなかったです。

徒歩圏内には何もないので『車がないと生活しづらい環境』でしたね。

ただ、毎日シャトルバスが出ていたので『街に出たい場合』『駅に行きたい場合』はシャトルバスで移動すれば問題ありませんでした。

イルカマン
イルカマン
生活は不便でしたが、しっかりお金を貯めることはできました。

寮事情

寮は無料で相部屋(2人部屋)でした。

部屋の中は『ベッドが二つとテレビが一つ』といった感じですね。

あとは、『冷蔵庫』『キッチン』『トイレ』共同です!

相部屋は少しストレスを感じる部分もありましたが、約2ヶ月程度の住み込み生活でしたので、ある程度我慢できました。

私の場合、2回ほど学校の都合で帰りましたので、その点も良い気分転換になりましたね。

イルカマン
イルカマン
ずっと一緒にいると辛いかも。

食事事情

食事は2食無料です!

昼食 → 食堂

夕食 → 食堂

食事はホテル内の従業員食堂を利用しており、食券を買って食べるスタイルでした。

『定食・そば・丼物・パスタ』から選べて、どれも美味しかったですね。

イルカマン
イルカマン
作りたての温かい食事が食べれました。

食券を買って食べるのでお金が発生しますが、そのお金を派遣会社が払ってくれたので、実質無料でしたね。

人間関係

人間関係は良好でした。

イルカマン
イルカマン
職場のスタッフも良い人でしたし、相部屋の相方も良い人だったので、人間関係に困ることはなかったですね。

また、職場のスタッフや寮の仲間と、

・職場の先輩と近くのゲレンデへ遊びに行く

・職場のスタッフと夜な夜なトランプして遊ぶ

・寮の仲間と近くの温泉へ行く

上記のように過ごした日々も良い思い出です。

イルカマン
イルカマン
私はスノーボード初心者でしたが、上級者の先輩からアドバイスしてもらえたのも嬉しかったです。

応募から採用までの流れ

私は当時、専門学校に通っており、就職が決まったことから、2月〜3月末まで時間がありました。

そこで、以前から興味のあったスキー場のリゾートバイトへ行こうと考えたのですが、時期も時期だったので、選べる求人は少なかったです。

イルカマン
イルカマン
スキー場リゾートバイトは12月スタートの求人が多いです。

そんな中でも、リゾートバイトの派遣会社に登録したことで、いくつかの求人を紹介してもらい、無事にスキー場リゾートバイトへ行くことができました!

この時、私が利用した派遣会社はグッドマンサービスです。

>> グッドマンサービスの公式サイトを見る

当時の希望条件は以下のような感じ。

・2月中旬〜3月末まで

・リフト券&スノーボードの板・ブーツ・ビンディングが借りられる

・〇日と○日は学校があるので、休みを取りたい

イルカマン
イルカマン
グッドマンサービスに上記の希望条件を伝えて求人を紹介してもらいました!

結果、3件ほど求人を紹介してもらうことができ、平日の休みが多い、長野県のスキー場を選んだ感じですね!

上記の希望条件だと、なかなか仕事を見つけるのは厳しいと思っていたので、無事にスキー場リゾートバイトへ行けてよかったです。

イルカマン
イルカマン
グッドマンサービスを利用したのは正解でした!

ちなみに、私がオススメするリゾートバイトの派遣会社は以下の記事で詳しく紹介しています。興味がある人はぜひ。

>> 【2021年最新版】リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング【リゾバ歴8年の経験者が徹底比較】

スキー場リゾートバイトへ行って良かったこと

良かった点

・『平日休みで週末仕事』という特殊な働き方ができた

・スノーボードを楽しめた

・いろんな人と出会えた

『平日休みで週末仕事』という特殊な働き方ができた

私は居酒屋の調理補助の仕事をしたのですが、基本、『金曜日』『土曜日』『日曜日』だけ働いていました。

なので、平日は休みで毎日スノーボードが楽しめたんですね。

平日休みで週末仕事のメリット

・食費&寮費無料で毎日スノーボードができる

・金曜日〜日曜日しか働かないので、疲れることなく毎日スノーボードができる

・支出はなく、お金を貯めながら毎日スノーボードができる

イルカマン
イルカマン
上記のような経験をすると、お金をかけてスノーボード旅行とか行けなくなりますね。

さらに、学校に帰る日程もあったのですが、平日が休みだったため、休みを取ることもなく、帰ることができました。

イルカマン
イルカマン
週末だけの仕事だとあまり稼げないですが、最高のスノーボードライフが送れます。

スノーボードを楽しめた

上記でも紹介しましたが、私はお客様が少ない平日休みだったので、毎日スノーボードを満喫できました。

また、金曜日〜日曜日が仕事でしたが、仕事は15時からだったので、仕事がある日もスノーボードを楽しめましたね。

さらに、当時、私はウェアしか持っていませんでしたが、『スノーボードの板』『ビンディング』『ブーツ』全て無料で借りることができましたし、『リフト券』無料で借りれたので、実質0円でスノーボードを毎日楽しめました!

イルカマン
イルカマン
初心者スノーボーダーだった私にとっては最高な環境でしたね。

いろんな人と出会えた

長野県のスキー場で働いて出会った人は以下です。

・大学生 男女多数

・リゾートアルバイター 男女多数

・スノーボーダー 男女多数

『海外旅行が大好きな大学生』『アマチュアの大会に出るようなスノーボーダー』と出会えたのは刺激的で楽しかったです

イルカマン
イルカマン
休みの日は近くのゲレンデへ連れて行ってくれましたし、時間のある時はスノーボードを教えてくれました。

スキー場リゾートバイトへ行って悪かったこと

悪かった点

・相部屋が少しストレスだった

相部屋が少しストレスだった

寮は『相部屋(2人)』だったのですが、相方との相性があまり良くなかったです。

というのも、相方は、

・部屋を散らかす
・夜な夜な電話する

という行動をとるので、何かとストレスでした。

イルカマン
イルカマン
基本、明るくて良い人なのですが、上記のような点が少し気になりましたね。

ただ、私の場合、2ヶ月間の短期間でしたし、そのうち2回ほど学校の都合で家に帰っていますので、なんとか耐えられました。

この経験から『相部屋は相方との相性でその後のリゾートバイト生活が大きく変わる』と感じましたね。

まとめ:初めてのスキー場リゾートバイトは最高すぎた!

私は学生時代、『スキー場で働いてみたい』『毎日スノーボードを楽しみたい』という憧れを抱いていましたので、スキー場リゾートバイトという働き方は最高でしたね。

スキー場リゾートバイトが最高だった理由

・平日休みで滑り放題

・仕事は15時からだったので、仕事の日も滑れる

・スノーボードの板、ビンディング、ブーツ、リフト券が無料で借りれた

・食費&寮費が無料で一切お金がかからない

・いろんな人と出会って、いろんな思い出ができた

スキー場リゾートバイトへ行こうか悩んでいるなら、『人生一度きりなので行ってみるべき』というのが私の答えです。

特に、大学生は就職したらこのような経験2度とできませんので、行くべきですね。

私自身、とても良い経験ができましたし、最高の思い出ができました。

それに、実際に行ってみて、最悪『自分には合わない』と感じるようであれば、辞めればOKです!

イルカマン
イルカマン
迷っているなら行ってみるべき!人生一度きりしかないので、後悔だけはしないでね。
\ 特集記事 /