リゾートバイト

リゾートバイトへ学生の夏休みと春休みの短期間で行った感想まとめ!

リゾートバイトへ学生の夏休みと春休みの短期間で行った感想
イルカマン
イルカマン
こんにちは。20回以上のリゾートバイト経験があるイルカマンです

リゾートバイトに興味を持っている大学生はたくさんいると思います。。

リゾバ男子
リゾバ男子
リゾートバイトって楽しそうだな。。長期休みを利用して行ってみたい。。

私自身、初めてリゾートバイトへ行ったのは専門学生時代の夏休みでしたし、長期休みを利用してリゾートバイトへくる大学生は多くいるんですね。。

そこで、この記事では、スキー場バイトへ学生の【夏休み】【春休み】の短期間で行った時の感想を紹介します!

この記事を読むことで、学生のリゾートバイト生活が何と無くイメージできるかと思います。

イルカマン
イルカマン
3分〜5分程度で読める内容になっています。

リゾートバイトへ学生の夏休みと春休みの短期間で行った感想まとめ!

私は専門学生時代の【夏休み】【春休み】の期間を利用してリゾートバイトへ行っています。

具体的には以下の期間に以下の勤務地で働いているんですね。。

期間 勤務地
8月1日〜8月31日 山梨県のスキー場
2月中旬〜3月31日 長野県のスキー場

私は【8月1日〜8月31日】【夏休み】の期間に、山梨県のスキー場で初めてリゾートバイトを経験しました。

初めてのリゾートバイトでリゾバの楽しみを経験したことから【春休み】の期間もスキー場へバイトしに行ったんですね。。

では、ここからは、それぞれの勤務地での体験談を紹介します。

山梨県のスキー場(8月1日〜8月31日)

私は学生時代の【夏休み期間】『山梨県のスキー場』へリゾートバイトに行きました。

リゾートバイトへ行った動機としては『夏休みの短期間、やることもないので、バイトしたいな』と思い、タウンワークを見たところ『期間限定の求人』で紹介されていたことがキッカケで応募したんですね。。

最初は一人で行くのが不安でしたし、地元を出たことがなかったですので、かなり悩みました。。

しかし『後悔したくない』と思いましたし、不安以上に好奇心がありましたので、思い切って行ってみたんですね。。

イルカマン
イルカマン
やらずに後悔するよりも、やって後悔しよう!

そんな、山梨県のスキー場で働いた時の仕事の詳細は以下になります。

勤務期間 8月1日〜8月31日
職種 リフト係
勤務時間 8時〜17時
時給 900円
月給 約16万円
相部屋(2人)
食事 3食(無料)
アルバイトスタッフ数 10人〜15人

スキー場と言っても夏休み期間中に働いたので、登山客や高原を散策するお客様向けにリフトを動かしていた感じですね。。

山梨県のスキー場で働いて良かった点と悪かった点は以下になります。

良かった点

・友達ができた。

・普段出会えない人と出会えた

・まとまったお金が稼げた

・星が綺麗だった

・思い出がたくさんできた

悪かった点

・特になし

山梨県のスキー場で働いて出会った人は以下になります。

・元医者(50代男性)

・元営業マン(50代男性)

・元歌舞伎町ホスト(40代男性)

・スノーボードインストラクター(20代男性)

・アマチュアスキーヤー(30代男性)

・コミュ障元ニート(30代男性)

・元アマチュアスキーヤー&農家(70代男性)

・大学生(20代男性)

・リゾートアルバイター(20代後半の男性3人、女性5人)

ずっと地元で育った私としては、山梨県のスキー場でのリゾートバイトはとても新鮮で刺激的なものでした。。

普段出会えない大人たちと近い距離で働けたことから、『人生論』的なことから『働き方』的なことまで話せたことはとても良い経験になりましたね。。

 

また、相部屋だったのですが、同じ部屋になった相方は年齢が一つしか変わらず、相性が良かったことから、すぐに仲良くなりました。

お互いに初リゾバだったため、初日で意気投合しましたね。。すぐに友達ができたのも、楽しくリゾバ生活が送れた要因と言えるかもです。。

イルカマン
イルカマン
初めましてイルカマンです。リゾートバイト初めてなんですけど、こういう仕事よくやるんですか?

よろしく。僕も初めてだから、初リゾバ同士頑張ろうね!1ヶ月間よろしく!

また、他にも『冬はスキー場でインストラクターをしている人』『リゾートバイトを転々としている人』などいろんな人と話せたのも楽しかったですね。。

特に私はスノーボードに興味を持っていたので、スノーボードのインストラクターの方の話はとても興味深く、彼の影響で『春休みはスキー場で働こう』と決めました。。

 

生活環境に関しては、徒歩圏内には何もなく不便でしたが、車を持っているスタッフが何人かいましたので、お願いすれば近くの町まで連れて行ってくれましたね。

なので、生活面で困ることは特になく、それどころか、スタッフの人たちとは度々、夕食を食べに出かけました。。

休みの日は、休日が被ったスタッフと近くを観光することもできましたし、リゾートバイトが始まって10日間くらいは不安もありましたが、すぐにみんな仲良くなりましたので、途中からは楽しい思い出の方が多いです。。

イルカマン
イルカマン
勤務地の標高が高かったことと、周りには何もなかったことから『星がとても綺麗』でした。。

星を見つつお酒を飲む時間は最高でしたね。このような思い出もリゾートバイトならではかと思います。。

仕事内容に関しては、難しい業務はなく、すぐに仕事を覚えることができました。

それに、先輩スタッフも優しい方が多かったので、仕事へのストレスは特にありませんでしたね。。

 

また、具体的な仕事内容は以下になります。

・お客様のリフトへの乗車補助。

・リフト券の確認。チケットのもぎり。

・チラシ配り

基本的には『お客様に安全にリフトに乗ってもらう』補助作業がメインになります。

また、お客様がリフトに乗車する前のチケットもぎりの業務もあり、場合によっては洗い場の洗い終わった食器を吹き上げたり、売店を掃除したりする作業もありました。

簡単に言うと、人手が足りてない職種のお手伝いといった感じですね。ただ、この作業は最後の30分程度なので、問題なくこなせました。。

 

そして、ごく稀に、近くのリゾート地へ行ってチラシ配りをする作業もありましたね。個人的にチラシを配りまくる作業は楽しかったです。

残業はなかったので、負担も少なかったですから仕事で悩むことはなかったですね。。

 

私は地元を出たことがなかったですし、一人暮らしをしたこともなかったので、1ヶ月間のリゾートバイトはとても刺激的で良い経験ができたと感じています。

普段出会えない人たちと出会いたくさん話したことで、少し世界が広がったような感覚がありましたね。

素敵な出会いがあり、たくさんの思い出ができて、約16万円ほど稼げましたから、メリットしかない感じです。

イルカマン
イルカマン
 最初のリゾバが楽しかったことから、私はリゾートバイトばかりするようになったと言えますね。。

長野県のスキー場(2月中旬〜3月31日)

長野県のスキー場(2月中旬〜3月31日)長野県のスキー場(2月中旬〜3月31日)

【夏休み】にリゾートバイトしたことで、リゾバの楽しみを経験したことから【春休み】もリゾートバイトに行きました。

就活も終わり、就職も決まっていましたが、スノーボードに興味があったので、仕事が始まるまでの間、スキー場へバイトに行ったんですね。。

 

また、この時はすでに『リゾートバイトの派遣会社』の存在を知っていたので、派遣会社を利用してリゾートバイトへ行きました。

春休み期間とは言え、途中で『終業式』などのイベントがあることから、何度か家に帰らないといけない日がありましたが、そういった事情も派遣会社の担当者の方に詳しく説明したら、『長野県のスキー場』の求人を紹介してくれたんですね。。

 

そして、その『長野県のスキー場』の求人は『週2日〜3日』しか仕事がない特殊な求人でした。。

週末のみの仕事になるため、平日は家に帰れることから、無事に『終業式』等のイベントにも参加できたんですね。。

イルカマン
イルカマン
とにかくスノーボードがしたかったので、正直、仕事が少ないのは個人的に良かったですね。

そんな、長野県のスキー場での仕事詳細は以下になります。

勤務期間 2月中旬〜3月31日
職種 調理補助(居酒屋)
勤務時間 15時〜21時
時給 900円
月給 5万円〜6万円
相部屋(2人)
食事 2食(無料)
アルバイトスタッフ数 100人くらい

長野県のスキー場で働いて良かった点と悪かった点は以下になります。

良かった点

・『平日休みで週末仕事』という特殊な働き方ができた

・スノーボードを楽しめた

悪かった点

・相部屋が少しストレスだった

長野県のスキー場で働いて出会った人は以下になります。

・大学生 男女多数

・リゾートアルバイター 男女多数

・スノーボーダー 男女多数

夏休みのリゾートバイトと同様に、長野県のスキー場でもいろんな人と出会えて楽しかったです。。

特に、冬のスキー場でのバイトでしたので、スノーボーダーの方達と知り合いになれたのは嬉しかったですね。。

イルカマン
イルカマン
休みの日は近くのゲレンデへ連れて行ってくれましたし、時間のある時はスノーボードを教えてもらえましたので、良い思い出ができました。。

ただ、夏休みと同様に『相部屋(2人)』だったのですが、今回の相方とはあまり相性が合わなかったんですね。

というのも、相方は『部屋を散らかす』『夜な夜な電話する』といった行動をとることが多く、少しストレスでした。。

イルカマン
イルカマン
とは言え、短期間でしたので耐えられましたし、それ以外は『明るく楽しい人』でしたので、仲が悪くなることもなく、過ごせましたね。。

生活環境に関しては徒歩圏内に何もありませんでしたが、食事は2食出ますし、2度ほど家に帰っていましたので、買い出しに行くようなこともありませんでした。

最寄り駅までバスが出ていましたし、生活に不便を感じることは特にありませんでしたね。。

 

仕事内容に関しては調理補助の仕事をしていましたが、特に難しい業務はありませんでした。

料理経験はなく、未経験で採用されたのですが、先輩スタッフが優しく指導してくれましたので、問題なく仕事を全うすることができましたね。。

イルカマン
イルカマン
職場環境は先輩スタッフによって左右されますね。尊敬できる先輩スタッフがいるとリゾートバイト生活は楽しく送れます。。

学生最後の春休みをスキー場で働いたわけですが、この時の経験から、私はスノーボードにどっぷりハマるようになりました。

長野県のスキー場でのリゾートバイト経験を経て、翌年から5年間もの間、毎年スキー場で働くことになるとは、この時の私は全く想像もしていなかったです。。

イルカマン
イルカマン
『大好きなアクティビティが楽しめる』『出費がないので貯金ができる』『新しい出会いがたくさんある』といった魅力を知ってしまうと、リゾートバイトはなかなか辞められませんね! 

まとめ

今回は、私の学生時代のリゾートバイト体験談を紹介しました。

私は学生時代に『いろいろな土地で生活してみたい』という憧れを抱いていましたので、リゾートバイトという働き方はとても合っていたんですね。。

それに加えて、私は春休みにスキー場でバイトをしたことがキッカケで、スノーボードにどっぷりハマってしまいます。。

以降、5年間もの間、毎年スキー場で働いてスノーボードに明け暮れる日々を送っていたんですね。。

これら全てが私の青春であり、発端は学生時代のリゾートバイト経験が原因だなと感じます。。

この記事を読んでいる学生さんで、リゾートバイトに行こうか悩んでいるなら、『人生一度きりなので行ってみるべき』というのが私の答えです。

私はそれでとても良い経験ができましたし、最悪『自分には合わない』と感じるようであれば、辞めればOKです!

イルカマン
イルカマン
この記事がリゾートバイトに行こうか悩んでいる学生さんの参考になれば幸いです! 

〜リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング〜