プラグイン

ワードプレスで定型文を記事下に挿入するプラグインを紹介します

ワードプレスで定型文を記事下に挿入するプラグイン
イルカマン
イルカマン
こんにちは。ブロガーのイルカマンです

有名なブロガーさんの記事を読んでいると、記事下に【紹介したいおすすめ記事】【メルマガ】【LINE@】のバナーリンクや定型文を設置している方が多くいますよね。。

これには、記事下にバナーリンクを貼ることで、紹介したいおすすめの記事にアクセスを流したり、【メルマガ】【LINE@】に誘導してファンを増やすなどの効果があります。

おそらく、この記事に訪れてくれたあなたも『記事下にバナーリンクや定型文を張ってコンテンツ力を上げたい』と考えているのではないでしょうか?

ブロガー女子
ブロガー女子
記事下におすすめ記事のバナーリンクを貼りたいけど、どうしたらいいんだろう??

そこで、この記事では、記事下に定型文を挿入する方法を紹介します!

この記事を読むことで、記事下に定型文を表示させ、コンテンツ力をアップさせることができますから、ぜひ参考にしてみてください!

イルカマン
イルカマン
私自身、記事下におすすめ記事のバナーリンクを表示させたら、アクセスが集まってSEOの順位が上がりました! 

ワードプレスで定型文を記事下に挿入する方法は2つあります。

ワードプレスで定型文を記事下に挿入する方法は以下の2つになります。

・CTAを使用する

・プラグインを使用する

他にも方法があるかもですが、私の場合は上記の二つの方法で記事下に定型文を挿入しています。

まず【CTAを使用する】という点に関しては、有料テーマを使用しているとすでに機能として付いている場合があります。

ちなみに、CTAの意味は以下になります。

CTAとは、Call To Action(コール トゥ アクション)の略で、「行動喚起」と訳される。

Webサイトの訪問者を具体的な行動に誘導すること。もしくは、具体的な行動を喚起する、Webサイト上に設置されたイメージやテキストのことをいう。

個人情報を獲得するフォームへとユーザーを誘導するボタンやテキストリンクがこれにあたる。

たとえば、資料請求をしてもらうことが目的のサイトであれば、「いますぐ資料請求をする」「いまなら無料の資料を取り寄せる」といったボタンで、ユーザーを資料請求ページへ誘導するのがCTAとなる。

Webサイトでは、意外なページが検索エンジンなどから人を集めている場合があるため、ランディングページなど一般的にCTAが使われやすいページ以外にも、訪問者の目に付きやすい位置にCTAを用意して、次の行動を促す必要がある。 

引用元:Synergy-Marketing

例えば、私の場合、有料テーマ【JIN】を使用しているのですが、当初から【CTA】という項目があります。

【CTA】の項目が当初から設置されている有料テーマをお使いの場合は【CTA】を使用して定型文を記事下に設置しましょう!

ただ、使用しているテーマで【CTA】が設置されていない場合はプラグインを利用するのがオススメです!

ワードプレスで定型文を記事下に挿入するプラグインを紹介します

私のオススメの定型文を記事下に挿入するプラグインは以下になります。

・PRyC WP: Add custom content to post and page (top/bottom)

・Wp Insert

どちらも、記事下に定型文を挿入できるプラグインです!

ただ、特徴としては、以下の違いがあります。

PRyC WP: Add custom content to post and page (top/bottom) 記事上と記事下にのみ定型文が設置できる。
Wp Insert 定型文の設置以外にも様々な機能がついている。

【PRyC WP: Add custom content to post and page (top/bottom)】に関しては、『記事上と記事下に定型文を挿入する』というシンプルなプラグインです!

使い方に関しては以下の記事を参考にしてみてください!

【Wp Insert】の使い方に関しては以下で解説します。

Wp Insertで記事下に定型文を挿入する使い方を紹介【WordPress】

【まずは、ワードプレスの管理画面から【プラグイン】➡︎【新規追加】➡︎【Wp Insertを検索してインストール】します】

Wp Insertを今すぐインストールWp Insertを今すぐインストール

【Wp Insertをインストールして【有効化】します】

Wp Insertを有効化Wp Insertを有効化

【有効化したWp Insertの設定をクリック】

Wp Insertの設定Wp Insertの設定

【Wp Insertの設定画面】

Wp Insertの設定画面Wp Insertの設定画面
Wp Insertの設定画面2Wp Insertの設定画面2
Wp Insertの設定画面3Wp Insertの設定画面3

設定画面では上記の画像の通り、項目が多々あります。

 

ここでは、記事下に定型文を挿入します。

その場合は【Wp Insert】の設定画面から【In-Post Ads】から【Add New】をクリックします。

すると以下の画面になりますので『広告挿入(定型文挿入)の位置』を選択します。

Wp Insert【In-Post Ads】Wp Insert【In-Post Ads】

【広告挿入(定型文挿入)の位置】

Above Post Content 記事上
Middle of Post Content 記事中
Below Post Content 記事下
To the Left of Post Content 記事の左側
To the Right of Post Content 記事の右側

記事下に定型文を設置するので【Below Post Content】にチェックを入れ、【Ad Code】を選択してコードを入力します。

Wp Insertでコードを挿入Wp Insertでコードを挿入

コードを入力したら左下のボタンをクリックします。(クリックすると緑色に変わります)

その後【Update】をクリックして保存します!

 

ここでは『おはようございます』と入力して保存します。

Wp Insertでコードを挿入してみるWp Insertでコードを挿入してみる

入力し終えたら、実際に表示されているかチェックしてみましょう!

Wp Insertのコードを確認Wp Insertのコードを確認

無事に表示されていますね。

上記のやり方で好きな位置に定型文を表示させることができます!

イルカマン
イルカマン
ただ、【Wp Insert】は機能が多いからなのか、似てるプラグインをインストールしていると正常に作動しないことがあります。上手く機能しない場合は、似ているプラグインを停止にしてみるのが良いですね。

まとめ

ワードプレスで記事下に定型文を挿入する場合は【CTA】を使用するのがベストです。

しかし、使用しているテーマで【CTA】の機能がなければプラグインを使用すればOKです!

私の場合は【JIN】を使用していないブログで【CTA】機能がなかったことから【PRyC WP: Add custom content to post and page (top/bottom)】を使用していました!

イルカマン
イルカマン
【PRyC WP: Add custom content to post and page (top/bottom)】を使用して記事下に特集記事を設置したら、徐々にアクセスが集まり、結果的にはSEOでも順位が上がったので、記事下に特集記事を設置するのはオススメです! 
〜リゾートバイトおすすめ派遣会社ランキング〜